スポンサーリンク

【ナナフラ】合従戦「処暑の戦い」前日!桓騎軍で行くか、燕軍でいくか。あと「山岳族の王」ガシャのことでも。|キングダムセブンフラッグス

2020年9月14日

合従戦「処暑の戦い」バナー

明日、2020年8月24日14:00〜から合従戦「処暑の戦い」が始まりますね。
☆7桓騎が登場してから最後の特攻でのランキング戦です。


8月は新ランキング戦の守城戦があったりと、忙しい一月でしたが、今回の合従戦も悩ましいものになりそうです。

では今回も、前日準備を進めて行きます。

スポンサーリンク

燕の大将軍がガシャで登場しました。

これで、合従軍の六国の大将が揃いましたね。

オルドステップアップ

楚で☆7汗明・☆6鬼神項翼・☆6開眼白麗。韓は☆6鬼神成恢。魏は☆6支援呉鳳明。そして、燕はこの☆6鬼神オルドですね。
趙はこれから☆7李牧とか慶舎が追加されそうではありますね。
あとは・・・合従軍の総大将の春申君ですね。鬼神化したのがその代わりなのかもしれませんが、開眼と覚醒、☆7もありますもんねぇ。

今後のガシャが楽しみではありますが、今回はオルドです。

今回のオタジの角石収集イベントの敵武将で登場しているので、体感はされているかもしれませんが。

角石のオルド

最初に周回イベントをやった時に、突っ込んでくるオルドの速さに驚きましたが、大将技能で攻撃速度を倍化してくれます。
対象は所属国「燕」の武将限定とはなりますが、移動速度は周回イベントで重要なステータスなので、この倍化はやばいですね。
しかも副官のカイネとも併用できそうなので・・・一番早い武将かもしれません。

個人技能は、敵を撃破毎に所属国「燕」の武将に対し、敵を撃破毎に必殺ゲージ↑効果ですね。合従戦向きの技能ではありますが、後半は微妙ですかね。
それか、進め方を変えるかですね。

そして必殺技。攻撃対象と近くの武将の2体へのダメージとバフです。
バフの内容が、自軍+所属国「燕」の武将の攻撃力と攻撃速度を上げ、防御力を下げるというもの。
内容だけみれば、☆6開眼公孫龍に近いバフになりそうです。

原作での「見た目よりかは・・・」の扱いとは裏腹に、燕武将にはかなり強力なバフを持っての登場っぽいですね。
しかも、燕には条件さえ揃えば強力な劇辛と一時期はかなり使われていた楽毅もいますからね。
今回の合従戦「処暑の戦い」の特攻武将でもありますが。劇辛と楽毅は、鬼神も開眼も条件さえ揃えば強力な武将なので(特に劇辛)、その2人を強化できるのは心強いです。

が、あれこれ考えるよりも単純に、大将技能の移動速度倍化が欲しいですね!w
周回パテを考えるのに、一つ手間が省けそうなんでw

ということで、ステップアップガシャ「山岳族の王」が開放された、22日14:00に引きました!
「ゼロ時教」ってやつですw以前、特攻武将が引けてた時は「ゼロ時教」でやってました。
それが、調子に乗って適当な時間に引いてたら今の有様なので・・・w

結果は・・・

無事引けました!しかも初回で!いやぁなにげに初ですね、ステップ1回目で引けたのは。
さすが「ゼロ時教」です!w

今回のピックアップ副官である☆5剣ユキイは3回目の確定枠でとれました。
こちらの技能も対[弓武将]攻撃回避なので、☆6開眼太后や☆7桓騎、☆6開眼黒桜などの強力な弓武将の攻撃を回避できるかもしれないのは使えそうです。
・・・まぁ☆5なので、過度な期待は禁物ですが。

この流れで引いてみた☆7桓騎のガシャは見事に撃沈でしたがw

ということで、無事ステップアップの特攻武将を取れたので、合従戦「処暑の戦い」の手持ち特攻が増やせました!

手持ち特攻武将
手持ち特攻武将
手持ち特攻副官
手持ち特攻副官

少ないですねー、引けてないのがバレバレな・・・w
そして、限界突破素材が足りず、周回ばかりやってるので、☆6鬼神オルドの検証できてません!w
なので、手に入れてから移動速度が上がるのを1回楽しんだだけですw

合従戦「処暑の戦い」のポイントになりそうなことの予想

ということで、予想を書く前に特攻武将をまとめておきましょう。

武将:☆7桓騎、☆6オギコ、☆6開眼楽毅、☆6鬼神劇辛、☆6覚醒信、☆6鬼神オルド、☆5楚水
副官:☆6槍楽乗、☆6剣黒剛、☆5剣ユキイ、☆5槍オタジ


特攻副官が少なめですね。それはおいといて、特攻武将だけ二組に分けられます。

チーム秦:☆7桓騎、☆6オギコ、☆6覚醒信
チーム燕:☆6開眼楽毅、☆6鬼神劇辛、☆6鬼神オルド


所属国と所属国に対するバフを持っているかどうかです。

実際、☆7桓騎をアタッカーにするか、☆6鬼神劇辛をアタッカーにするかの2択だと思います。
あ、最適パテのアタッカーですね。

なので、☆6オギコの☆7桓騎へのバフが強いか、☆6鬼神オルドのバフが☆6鬼神劇辛への効果の方が強いかでしょうか。

大まかに予想すれば、特攻倍率の方を優先した方が貢献度ポイントは伸びると思うので、☆7桓騎で組んだ方が良いんだとは思います。

気になるポイントは、敵部隊の属性ですね。前回合従戦の時は勇属性だったので☆7桓騎で早めに削れましたが、今回は智属性な気がしてます。で、敵大将オルドですかね。
ここらへんは始まらないとわからないので、楽しみにしておきます。

もう一個始まらないとわからないのが、覚醒技能ですね。

部隊覚醒時に敵武将達を吹き飛ばしますが、紫電一閃の行動不能時にも反映されるのかどうかですね。
吹き飛ばされてしまうと、巻き込み難くなるので使いづらくなります。

あとは、必殺のように手動で発動する技能なので、紫電ゲージの追加要素になるかでしょうか。
吹き飛ばしがある分、紫電ゲージが増加しやすくなるとかあれば、使い道はありますが。
4体残しで紫電明け→必殺と覚醒でゲージMAX→強敵出現(吹き飛ばされて雑魚兵近くにいない)
という流れで、紫電つなぎをやりやすくなるかなと。

ただ、覚醒技能のループが現状できないので、バッファーとして使いみちがあるのか疑問です。
☆6オギコの効果時間延長で少しでも伸ばすとかで考えれば良いんですかね?

☆6覚醒信はバフ枠になってしまうと思うので、他のバフ武将を入れた方が良いという判断にはなりそうですが。
前回のように☆6智信とかですね。

予想を踏まえた最適パテ予想

以上を踏まえた最適パテを予想してみます。
すべての特攻武将が揃えられてないので、文字のみですが許して下さいw

①☆7桓騎パテ
武将:☆6オギコ、☆7桓騎、☆6智信、☆6開眼公孫龍、☆7桓騎
副官:☆6弓黄離弦、☆6弓王翦、☆6槍楽乗、☆6槍オタジ、☆6弓王翦


うーん。特攻が少し下がりますね。弓副官の特攻がない分しょうがないですが。
前回の合従戦の☆7桓騎パテの大将を☆6オギコにし、火力を補う感じですね。
意外と扱いにくそうなパテとも思えます。
素直に、前回の最適パテの焼き直しの方が良いかもしれません。・・・☆6弓王翦の特攻倍率がない分でどれくらいポイントが下がるかですが。

前回の最適パテはこちらの記事からどうぞ。

副官も踏まえて、特攻倍率で勝つのはチーム燕ですね

②チーム燕パテ
武将:☆6開眼楽毅、☆6鬼神劇辛、☆6鬼神オルド、☆6開眼公孫龍、☆6鬼神オルド
副官:☆5槍オタジ、☆6槍昌平君、☆6剣黒剛、☆6槍楽乗、☆6剣黒剛


ほぼほぼ特攻で組めますね。
懸念は☆6開眼楽毅です。大将技能の座は、☆6鬼神オルドで移動速度を上げた方が良いかもしれませんし、☆6鬼神劇辛を大将に据えている方が良いかもしれません。
また、個人技能の条件が☆6鬼神オルドと同じく自分が「敵を撃破」した時なので、バフの恩恵が受けにくいですね。
なので、☆6開眼楽毅を外して☆6鬼神春申君を入れた方が良いかもしれません。

また、☆6鬼神劇辛の大将技能と個人技能を考えた場合に、敵から受けるダメージの調整をしつつ進める必要もありますね。

なかなかトリッキーなパテかもしれません。

巻き込みを考えれば、☆7桓騎か☆6鬼神劇辛が妥当だと思ってます。

・・・が、自分は両方持ってないですw
フレンド様からお借りするなど考えてますが、一個やってみたいパテがあるので。
というか、それしか組めませんw

自分の手持ちでパテを組んでみました。

考えてみたパテはこちらです。

手持ちパテ

武将:☆6開眼楽毅、☆6鬼神オルド、☆6鬼神春申君、☆6開眼公孫龍
副官:☆5槍オタジ、☆5剣ユキイ、☆6弓王翦、☆6槍楽乗


☆6鬼神オルドにつけている☆5剣ユキイは、実際やってみた後に☆6剣王齕に変更する可能性も考えています。
そして、フレンド様からお借りする武将ですが、☆6鬼神オルド、☆6鬼神劇辛か☆7桓騎の2パターンで変わると思ってます。

・☆6鬼神オルドを借りるパターン
ひたすら敵を倒し続けるパターンですね。巻き込み無しです。

巻き込んだ方が確実に貢献度ポイントは伸ばしやすいとは思うのですが、☆6開眼楽毅と☆6鬼神オルドの個人技能を最大限生かせるのは、「ひたすら倒し続ける」だと思います。
☆6開眼楽毅の個人技能の効果時間を把握して、それに合わせて倒させれば、ループも可能かなと。
☆6鬼神オルドも必殺ゲージを上げ続けることで、必殺ループもそうですし、HP削りの効率化も狙えます。
手持ちだとこれが現実的かなぁという印象です。

・☆7桓騎または☆6鬼神劇辛を借りるパターン
☆6鬼神劇辛>☆7桓騎です。燕パテではあるので。
こちらの場合は、「巻き込み狙い」ですね。いつもどおりの合従戦です。
☆6鬼神オルドと☆6開眼学機の個人技能の発動がやりにくくなるので、☆6開眼楽毅の対象技能と☆6鬼神オルドの必殺でどこまで☆6鬼神劇辛を強化できるかが問題です。
☆6鬼神劇辛も☆7桓騎も必殺技の範囲は広いので、しっかりとHPを調整できれば、問題無く巻き込めると信じてはいます。

ここ最近のランキング戦よりはまともなパテが組めそうな気がしますw
・・・いやぁ、特攻持ってるって大事だなぁw

手持ち武将でパテが変えられるおもしろい合従戦。

ここまでバフ対象がきれいに分かれていると、使う特攻武将が限られてくる感じですね。

☆7桓騎をしっかり強化できる☆6オギコか、燕武将の強力なバッファーになり得る☆6鬼神オルドで☆6鬼神劇辛を強化するか。

どちらも楽しめそうな気がします。
しかも、プレイスタイルも選べそうなので、楽しみな合従戦「処暑の戦い」です。

もうちょっと限界突破素材が足りないので、周回をやりつつ、明日の開始を楽しみに待ちたいと思います!