スポンサーリンク

【ナナフラ】合従戦「小満の戦い」お疲れさまでした!と新しい双星武将のガシャのことでも|キングダムセブンフラッグス

2020年9月14日

アニメ第三期開始後の目玉武将として登場した☆7汗明の、特効最後の合従戦でした。
合従戦→領土戦→合従戦と、基本的には☆7汗明がいないと厳しいランキング戦が続いたイメージです。

みなさんはいかがでしたでしょうか?
私ぽんぞうの結果報告と、実装された新ガシャの事でも書いてみます。

スポンサーリンク

ぽんぞうは無事目標達成できました。

今回の合従戦「小満の戦い」が始まる前に書いた記事で、目標を五千人将に据えてました。
結果は・・・

このようなツイートもしましたが、無事、目標達成です。今回はやたら不安だったので良かったなぁと。
☆6開眼王コツを取れませんでしたし、副官も☆6春申君、☆6蒙武不在だったので・・・

自分視点にはなりますが、少し合従戦「小満の戦い」振り返ってみます。

合従戦「小満の戦い」はわかりやすかった印象です。

所持武将によるわかりやすい差

どういうことかと言うと、ランキングの差になる部分が分かりやすかったなぁと思ってやってました。

まず☆7汗明が育ちきってるかどうかです。
☆7汗明の必殺技が線形と円形の2種類で必殺威力が全然違うので、威力が上がる限界突破は重要でした。
巻き込むための敵HP調整が楽になる以外にも、この差は大きかったなぁと感じます。
最低でも2凸で特効倍率を☆6特効以上にし、大将技能の効果を上げておかないと使い物にならない武将でした。

次が、☆6姜燕を取れたかどうかですね。
姜燕の必殺による、勇属性バフで☆7汗明のDPSが変わってきます。
合従戦必須武将の、☆6開眼公孫龍も勇属性なのでパテの強化で考えれば、今回は必須です。
それに、☆7汗明を持ってない場合は☆6開眼介子坊がアタッカーになると思うので、その場合のバッファーとしても必要です。

そして、副官の☆6蒙武を取れていたかどうかも重要だったと思ってます。
自分は、合従戦「小満の戦い」の初日の記事にも書いた通り、持っている槍副官が微妙なんですよねw
☆7汗明がメインアタッカーと考えると、それを強化できる副官蒙武の存在は大きいです。
有能な☆6副官の昌平君や春申君でも、特効ポイントは乗らないのでやはり今回は蒙武は必須だったなぁと。

最後に、☆6副官白起を持っていたかどうかです。
これについては、大きな差なのか自分としては分かりませんが、割合ダメージでのHP調整の楽さは体感しました。
フレンド様いつも有難うございますw

武将の所持についてはこんな感じですかね。持っているかいないかで、ランキングが変わるわかりやすさがありましたね。
・・・まぁ、もちろん合従戦のテクニックの巧さで上位に行ける羨ましい方もいますが!
その指が欲しい・・・w

HP調整のわかりやすさ

今回は巻き込み合従でしたが、それも分かりやすかったです。
特効剣武将がいない分、敵のHP調整が失敗し難いというのが一番の要因かと
なので、☆6副官白起が生きたんだなぁと思ってます。

自分は、☆7汗明と☆6鬼神春申君ペアとその他(雑w)で削っていました
自分の☆7汗明は2凸なので、必殺上限が129,999。
割と削る必要は有りましたが、基本5巻はそんなに難しくは無かったです。

逆に、☆7汗明の必殺を撃つ回数や☆6姜燕のバフを切らさないとか、調整自体というより、調整する方法を選ぶ方が難しかったなぁという印象ですね。
とはいえ、それも☆7汗明が育っていれば特に問題にならない範囲なんだろうなという実感です。

最近のステップアップガシャは外れますね・・・

以上が、独断と偏見による今回の合従戦の感想です。

☆6開眼王コツは期待はずれだったようですが・・・
最近のステップアップガシャは、副官じゃない時は大体微妙ですね

まぁ、自分は持ってないので分かりませんがw

新双星武将「摎&王騎」登場!

ということで、5月のナナフラは☆7汗明の月となりました。
領土戦が一番つらかったかなぁ・・・
攻城戦にフル参加してもポイント差が埋まらないし迫られるという、気が抜けない感じは初めてでしたよw

ということで、6月の中心武将が登場するであろう一発目は新しい双星武将の登場となりましたね。

プレミアムガシャ双星摎&王騎

☆6開眼王コツの流れから、六大将軍かなとは思っていましたが、摎&王騎は予想外でした。
再ピックアップの予定でいたのでw

双星摎&王騎☆6支援昭王☆6副官司馬錯ですが、全部初登場ですね。
しかも、技能が全員、対城なんですよね。しかも摎&王騎は「↑↑」だそうです。
こんなのミヒマルGT以来じゃないですかw

まぁ、次回の領土も荒れそうですね・・・

ということで、ガシャを引きます

☆6副官蒙武を無理矢理手に入れたため、持っている覇光石80個チケット5枚で出さなければなりません。
結果は・・・(本日2度目)

でました。全部!
覇光石50個で昭王と司馬錯、チケット5枚の単発回しで摎&王騎です。

全部揃うと思ってなかったので、ありがたいですねー。
無双制覇でイマイチ素材を集めきれなかったんで、今回も周回漬けです。
頑張って育てます。

双星武将には思い入れがあります。

初めて手に入れた、汎用的に使える武将が双星王騎&謄でした。
そこから(引きがないので)、ランキング戦意外はほぼ大将として使ってた記憶があります。

なので、双星武将のガシャが出ると必ず引きたくなるんですよ。
その思いが通じているのかどうか分かりませんが、一応双星はコンプリートしてます

信&政と輪虎&廉頗は、ガシャが終わる間際で引けてたので、あんまり凸れてないですねーw
初めての王騎&謄の時は、素材が足りず5凸にはできませんでした。

未だにこの5武将は使うことがあるので、取れてて良かったなぁと思うことが良くあります
無課金でやっててこれだけ引けてると嬉しいですねw

摎&王騎については、また後日記事にしようかなと思ってます。

来月も頑張りましょう!

こんな感じで、ぽんぞうの2020年5月のナナフラは終わりました。
個人的には、武将の使い方とか副官の大切さを再認識したりとか、あふれる将章に思いをはせてみたりしてました。

目下の目標は、周回で有能な武将を育てることでしたが、ガシャ出てくれたんでそちらの育成からになりますね。
うーん。やりがいしか無いw

6月も楽しんで行きたいと思います!