スポンサーリンク

【ナナフラ】合従戦「穀雨の戦い」2日目。どうも汗明が期待ハズレなんですよ|キングダムセブンフラッグス

2020年9月14日

というのも、星6素材は無いし星6武将の餌候補を決められないからなんですけどね
無凸で突っ込んでもそりゃね。将器もつけられませんし。

という感じで、今回の合従戦「穀雨の戦い」に参戦している無課金プレイヤーぽんぞうです。
2日続けて草原・昼なので、特攻武将の星7汗明・鬼神項翼・開眼白麗の得意地形・得意天候です。
巻き込みに期待できる星7汗明を活かせる状況なだけに、育てきれてない自分がね・・

スポンサーリンク

星7汗明を活かせないぽんぞう・・・

ただ単に重いものをブンブン振り回して投げつけてるだけのでかい人です。現状の自分にとっては。
予想外だったのが、必殺ですね。
・・・結構期待してたんですよ。この範囲の広さに。

「この範囲の広さなら、109,999ダメージでも頑張れる気がする!」
と思ってたわけですが。結果。

「え?春申君はまだしも、昌平君でもカンストしないだと?武雑魚でも?え?」
と、フルブーストのゲージを溜めるために流してる時に、衝撃を受けてました。
まぁ、自分の見立てがかなり甘かっただけなんですけどね。

わかりやすく、現在上位の方が使っているパテがこちら。

おぉ・・・なんと神々しい・・・
5凸で特攻武将・副官がしっかり揃ってて羨ましいくらいです。

そういうことではなく、汗明の活かし方ですね。
特攻ステータスで汗明は攻撃力は5凸と将器で1万は超えるようですが、攻撃速度は特攻乗っても50ほど
なので、結果DPSは5,754鬼神項翼のDPSが6,153なので、物足りないです
そこで、援公孫龍の出番というわけですね。技能の攻撃速度倍化でDPSアップを狙うわけです。
開眼白麗も必殺で楚国の攻撃速度上げますし、鬼神春申君も攻撃速度を上げてくれます。

ある意味、汗明は攻撃力が十分高いので、攻撃速度をいかに上げるかということみたいですね。なるほど。
強力なバフ技能に【対象依存】攻撃速度アップがありますが、汗明は元が遅いので上がり方はいまいちでした。(無凸の奴が何を偉そうに。)

なるほど、援公孫龍か・・・持ってません!
開眼公孫だと少し足りない印象ですね。たしかDPS最大で80万いくかぐらいだったかと。(あくまで無凸です。)

しかし、槍なので、紫電一線中に敵が湧くあたりまで移動してしまえば、ほぼ移動がないという強みは見つけました。(自分に言い聞かせてます。気にしないで下さい。汗明とれて良かった!)
なので、地形と天候が変わったら汗明でやってみようかなと思ってます。

鬼神項翼なら攻撃範囲を移動速度でカバーできるさ!

汗明を無凸で、援公孫龍がいない状態で使うのは厳しいと判断した私が到達した、開き直りの境地です。
実際、前回の領土戦の時にかなりの移動速度を誇ってたので。

なので、この2日間はこのパテでやってました。

前回の記事で、今回の合従戦の目標を書きました。五千人将が目標です。とりあえず届きましたw
鬼神項翼で敵を巻き込まずになぎ倒していく作戦です。楚の雷轟ですからね。もうバシバシと。

このパテでの項翼のDPS、最大は70万弱程度です。
イマイチなんですけど、項翼の必殺が単体で倒しやすくて良いです。
敵精鋭武将のHPを、蒙武は25万・春申君は30万・昌平君でさえ20万程度に削れば倒せます。
敵の強さが65であれば、1人倒して次を倒す時に溜まってることも多いので、意外と倒しやすいと。
さすが剣武将。

ただ、問題が一つ。項翼が単体で突っ込むことになるんです。楚の雷轟ですから。
こちらが項翼以外、弓と槍なので必然的に攻撃は項翼が受けるわけです。
実際、初日でやった上の画像では、残り25秒くらいで項翼がやられ、残り10秒で開眼公孫龍がやられましたw

で、今日リベンジしてこんな感じです。

少し伸びました。なんとか項翼を時間いっぱい生き残らせることができたので。
残り1秒でこんなでした。

あぶねぇw
もっと上手くやれば良いんでしょうけどね。
普通に突っ込ませ続けて、紫電一閃のつなぎ中に毎回3,000〜5,000HPが減ってく感じです。

2日目の伸びが微妙だった理由は、敵を必殺で倒しきれなかったことですね。
白麗もしっかり見極めてやれば倒せます。
蒙武が5万、春申君が6万、昌平君が9万。これくらいで白麗も必殺で倒せます。
とはいえ、白麗を意識しすぎると項翼のDPSが下がってしまうので逆に効率が悪くなります。
改善の余地はありますが・・・やるかな?w

もっと効果的なパテを実戦されてる方もいるので、ランキングをちょこちょこ見ると、参考になりますよ。

とりあえず、汗明なくても五千人将いけますよ。ということでした。

汗明はナナフラの奥深さを教えてくれた。

いいこと書いてみます。
ナナフラの奥深さは、この記事で書いた自分の思ったことにあるのです。

星7は現状の最高レアリティで、強い部類に入る武将達です。
しかし、その強い武将の弱点、または強いところを伸ばせるパテを組まないと、本来の力が出せません。
実際、動画配信者の皆さんの汗明は、159,999のカンストでてますし。

なので、強い武将一体手に入れて強くしたから良いというものではないんですよね
強い武将を強くする技能を持った武将、副官もしっかり強化することで、難しいクエストやランキング戦をもっと楽しむ事ができます。
なにより、パテを考えてる時が楽しいですからね。

これがナナフラです!

じゃなければ、自分も一応(無凸の)汗明は持ってるんで、それにこだわり続けてたと思いますし。
項翼でとりあえず、今回目標にしていた五千人将に届いたので、落ちないようにがんばります。

残りの合従戦もしっかりやります。

五千人将安泰ラインではないので、また撤退できません。
周回と上手くバランス取りながら、ポイント伸ばせるようにがんばります。

あ、そういえば、今日でナナフラをやり始めて一年でした。

まだ一年かという感じですが、これからも楽しんみたいと思います。