スポンサーリンク

【ナナフラ】双星武将 王騎&騰ー天下に羽ばたくー |キングダムセブンフラッグス

双星武将の第一段として登場し、汎用的な活躍を見せてくれる双星武将王騎&騰−天下に羽ばたく−の武将情報です。
初登場の時は自分も始めたばかりでよくわかっていませんでしたが、取っておいてよかったなぁと今でも思います。

双星武将の楽しみの一つにメイン武将とサブ武将のやり取りがありますが。
双星王騎&騰の必殺技ボイスが、馬陽の戦いで渉孟を一刀両断する時のやり取りで、今でも聞くとしびれますね。

スポンサーリンク

双星武将 王騎&騰ー天下へ羽ばたくーのポイント

初登場時に騒がれたのが、即打ちで有名な王騎軍パテの大将を務めることができる技能持ちなことでした。
当時の即打ちパテといえば、☆6隆国と☆6鬼神ヒョウ公ぐらいしか大将で組める武将はいませんでした。
なので、とても貴重な武将だったことを覚えています。
大将技能で上げる必殺技ゲージは、王騎軍武将で約4.5割ほど。必殺ゲージ↑の副官と合わせて使うことで、必殺技を即打ちすることができます。
一応王騎軍以外の武将の必殺技ゲージも3割ぐらい上げてくれるので、即うちは出来ないまでも早めに撃つことはできますね。

また、大将技能で上げる攻撃力↑も強力です。
王騎軍武将であれば135%↑、それ以外でも117%とバフの上昇率としては十分です。
この記事を書いている2021年3月現在だと、145%↑の武将が増えてきているので少し物足りない気もしますが、全体的に見ると120%超えてるだけで十分です。
しかも、王騎軍武将は基本DPSが高めなので135%↑でも十分強化されます。

そして、双星王騎&騰を語る上で忘れてはいけないのが必殺技。
自身のみのバフとなりますが、1段階目で約146%↑、2段階目で約226%もDPSが上がります。
効果時間は12秒とループさせるのは難しいですが、瞬間火力としては十分なバフです。
ちなみに範囲はこんな感じで変わります。

必殺範囲1
1段階目必殺範囲
必殺範囲2
2段階目必殺範囲

巻き込みも十分狙えます。
この必殺技の嬉しいところは、双星王騎&騰自身に回避が付与されることです。
体感的には回避武将ほどではないにしても、かなり避けてくれる印象ですね。

さらにさらに。個人技能は被害無効貫通と必中なので、回避とゾンビ武将にも対応可能です。

防御面で言えば、必殺での回避に加え、共闘技能で攻撃被害軽減(大)もついています。

攻撃面の充実っぷりが目立ちますが、防御面でも回避と被害軽減がありかなり頼れますね。

王騎らしい攻守に優れた武将なので汎用的に使えます。
ただその汎用性から、パテを組むことを考えた場合尖った武将を先に編成してしまうので、後回しになりがちですが。
思いついた時にパテに入れると、期待通りの活躍をしてくれると思いますよ。

ステータス詳細

以下で仕様しているパーセンテージなどの数値は5凸時のものです。
検証時のDPS等の上昇した数値から算出してますので、参考程度にご覧ください。

属性・武器種・兵種など

属性 武器種
兵種 騎馬兵 性別 男性
所属国 所属 秦国六大将軍/王騎軍

必殺技・技能

必殺技
疾風怒濤の双刃 効果 対象方向 線形中範囲に攻撃

【自身】攻撃力↑&攻撃回避付与
※攻撃力↑効果時間12秒
対象 自身:146%
疾風怒涛の双刃
(オーバーチャージ)
効果 対象方向 線形広範囲に強力な攻撃

【自身】攻撃力↑&攻撃回避付与
※攻撃力↑効果時間12秒
対象 自身:226%
技能
大将技能 効果 必殺技ゲージ&攻撃力↑(大)+3
対象 自軍:
必殺技ゲージ約3割
攻撃力117%↑
+
自軍/所属「王騎軍」:
必殺技ゲージ約4.5割
攻撃力135%↑
条件 開戦時&常時
個人技能 効果 必中&被害無効貫通
対象 自身
条件 自軍残り兵数5000以上
共闘技能 効果 必殺技威力↑&攻撃被害軽減(大)
対象 自身&共闘中の武将
条件 共闘時

成長技能

Lv:10 技能封印耐性↑(大)
Lv:20 HP↑(大)
Lv:30 攻撃速度↑(大)
Lv:40 攻撃速度↑(大)
進化1 攻撃力↑(大)
進化2 技能封印耐性↑(特大)
進化3 HP↑(特大)
進化4 攻撃速度↑(特大)
進化5 攻撃速度↑(特大)
Lv:70 攻撃力↑(特大)
昇格 技能封印耐性↑(特大)
進化6 HP↑(特大)
進化7 攻撃速度↑(特大)
進化8 攻撃速度↑(特大)
Lv:80 会心率↑(特大)

限界突破

凸1 必殺技+1
凸2 大将技能+1
凸3 大将技能+1
凸4 大将技能+1
凸5 必殺技+1

状態異常耐性

0% 挑発 50%
燃焼 0% 混乱 50%
移動封印 0% 必殺技封印 100%
攻撃封印 0% 技能封印 70%