スポンサーリンク

【ナナフラ】900万DLイベント「速撃突破」とは?75,000ポイント狙いで遊びます|キングダムセブンフラッグス

2021年3月20日

どうやらあれですね。ランキング戦の終盤になると仕事が忙しくなるわけではなく、週末が近づくと忙しくなってるみたいです。はい。

ということで、900万DLイベントの特別クエスト「速撃突破」が始まってます。

バナー

いきなり不具合スタートでお詫びの覇光石を頂きましたが。
個人的には、やり込める時間が伸びて助かってる感じですw
まだ適当に考えたパテでしかできて無いんですよねー。

とりあえずこの記事を書いている時点で二日目なのですが、速撃突破の内容についてまとめようと思います。
あとは、ある程度やり込む時間が取れたら攻略もこちらにまとめようかと。
うーん、あんまり自信が無いです。開催中の大行軍のパテもまだ適当な状態ですからね。

3/19:第2戦・第3戦追加!
3/20:第4戦追加!報酬取りきりました!

スポンサーリンク

タイムアタックイベント?速撃突破の内容を確認

触れ込みではタイムアタックイベントとなってましたが、「?」という感じです。
過去にあった「帰路」と同じような内容?な気がします。あんまり覚えてないんですけどねw
まぁツッコミは後にして、内容を確認していきましょう。

まずはお知らせの内容を見てみる

内容1
内容2

「速撃突破」のクエスト画面を開いたときに表示された案内がこちらです。
日毎に開放される全4クエストをクリアしてポイントを獲得し、そのポイントに応じて報酬をもらえるということですね。

報酬は2種類あり、各クエストごとのポイント報酬と4クエスト通してのポイント報酬となってます。

個別報酬
クエストごとの個別報酬
総合報酬
全クエストの累計報酬

クエスト毎のポイント報酬の上限は100,000ポイント。累計報酬の上限は900,000ポイントとなっています。
単純計算すると、1クエストで225,000ポイントを毎回稼げればポイントは取り切れます。

そのポイントの計算方法が、それぞれのクエストで獲得したポイントの高いもの3つを合計したものとなってます。
先程の225,000ポイントを3で割って、75,000ポイント以上を3回出せれば報酬は全て取りきることができますね。
覇光石やチケット、☆6限界突破素材など報酬の内容はかなり豪華なので、取り切れるように頑張りましょう。

ポイントを稼ぐのに重要な要素が3つあります。

1つ目はなるべく早くクリアすること。
とりあえずやってみた感じだと、15〜20秒以内のクリアを目指す感じです。

2つ目は限定助っ人のHPを減らさないこと。
これについてはあとでパテを組むことで書きますが、目安はノーダメージですね。

3つ目はできるだけ難しい難易度でクリアすること
初級・中級・上級・超級の4段階の難易度が用意されていて、ポイントの倍率が1.0倍・1.5倍・2.5倍・4.0倍と難しくなるほど高く設定されています。
自分の手持ちや武将の育成具合に合った難易度で遊ぶことをおすすめしますが、報酬の取り切りを考えたら超級一択になるかと思います。上級の2.5倍だと30,000点を取らないと75,000点には届きませんからね。

この要素をクリアして75,000ポイント以上取ることを目指して行く感じです。

限定助っ人が今回のカギ

ポイントを稼ぐための要素の2つ目のパテ組についてですが。
今回は「限定助っ人」という強制的にパテに組まれる武将が設定されています。
双星信&嬴政ですが、まぁ、副官がHP30%以下で防御力↑だったりと火力に期待はできないんですよねー。
しかも、やられたら敗北になるという。
そして今回ポイントを稼ぐための一番の要素が、この限定助っ人の残HP量となってます。
・・・クリアタイムとはいったい・・・

パテの編成画面はこんな感じになってます。

パテ編成画面

限定助っ人がフレンド枠に登場し、赤い☒のところには武将を編成できないという感じです。
武将を入れておくことはできますが、実際に使用できるのは武将が表示されているところだけですね。

最大4クエストで一日1枠ずつ開放されるようなので、最終敵に武将を5人使える感じにはなりますが、実質手持ちの武将を最大4体で信&嬴政を守りつつクリアを目指す流れとなります。

実際にやってみてると、育成できているかどうかもそうですが、将章や副官、潜在能力も含めて考えないと意外とポイントを取るのは難しいなぁという印象です。
あとは必殺技の範囲とか地形とか天候とか。

うーん、報酬が豪華な分なのか、手持ちが揃ってないと厳しそうなイベントになってしまいましたねー。

タイムアタックとはなんぞ?

正直な印象はこれですね。限定助っ人の残HPが多い方がポイントが多い・・・
うーん。まぁ、手持ちが揃って無い方でも、それなりにポイントが稼げてクエスト毎の100,000のポイント報酬を取り切れるようにしてくださったという感じですかねぇ?
であれば、この調整は良い内容なのかなと。最近はじめた方でも報酬がそれなりに取れて、武将が揃ってる方はしっかりとポイントが取れる感じですからね。

即打ち終了にはならないように敵を調整してくれているので、1秒ラッシュにはならないでしょうけど。
頑張ってクリア時間縮めても、思ったほどポイントが伸びないんでなんだかなぁという感じです。

15秒を未だに切れていない自分がこんなことを言っても、やり込んでないのがバレバレなのであれですがw

難易度や何かしら制限されるクエストは好きな方なんですが。
どうもやる気がでないと言うか・・・とりあえず総合ポイント報酬の取り切りができれば良いかなぁという感覚になってます。

といいつつ、しっかりと攻略は書いていこうと思います。
開放順というより、75,000ポイント以上を出せるパテが組めたら更新する流れになってしまうと思います。
ガツンとポイントを出せるパテを見つけ切れないと思うので、900,000ポイント取り切りの目安みたいなものになれば良いなぁと思います。

第1戦

敵部隊

1つ目のクエストは、開眼輪虎です。

注意するところは開眼輪虎に狙われている武将は智属性になってしまうことですね。
早めに倒さなければいけないのに、苦手属性に帰られてダメージが減ってしまいます。

あと、何回かやって地味に面倒だったのが、一般武将の1人の時に発動する防御力↑の技能ですかね。
倒す順番を間違えると、微妙に倒しきれなかったりします。

なので、安牌は必殺範囲の広い武将で一気に倒してしまうことですね。

使用パテ

なので、色々と試した結果やはり☆6開眼介子坊に落ち着きました。
元々の攻撃力が高い上に、必殺ゲージ↑の個人技能もありますからね。
それでも必殺技を2回撃つ必要があるので、☆6嬴政&向でゲージ上昇速度を上げています。

介子坊の将章

ちなみに、☆6開眼介子坊の将章はこんな感じです。

将章が育っていれば、攻撃力+対[武将]2つでも良いのかもしれませんが、自分の金章はまだ育ちきっていないので、銀章の方は攻撃力+対[武]にしてあります。
この○章の組み合わせが、自分の持ってるものだと一番安定しました。

□章は、必殺ゲージ上昇(被ダメージ)を忘れずにつけましょう。
必殺ゲージ上昇速度をあげつつ、将章の効果でさらにあげます。

タイムアタックイベントなので、少しでも早くという感じです。

初期配置

初期配置では、信&嬴政が被弾しないように一番うしろに配置します。
開戦後もすぐに自陣にタゲを移して待機させます。

☆6開眼介子坊は、輪虎に突撃です。
上級だと必殺技1回で追われますが、輪虎に突撃ダメージを与えた後じゃないと倒せなかったので一応注意して下さい。

超級の場合、まず一発目は輪虎を含んだ4体に撃ちます。
2回目が溜まる頃には5体巻き込めるようになってますが、自分のように将章の将星が足りない場合や潜在能力による強化を行っていない場合、☆6開眼介子坊だけでは足りません。
なので双星信&嬴政の必殺技を撃ってから、2回目を撃つようにしましょう。

・・・が、会心が足りないと倒しきれない場合もあります。
それでも、18秒位でクリアできるので75,000ポイント以上は稼ぐことができます。

一応、第1戦目の自分のポイントはこんな感じです。

75,000ポイント以上を3回出せているので、これはこれでOKです。
・・・まぁ、なんかモヤっとしてますけどねw

ふと思ったのは☆7王翦か☆7桓騎がいたら楽なんだろうなということですね。
色々と使っている間にダメージだけでの短時間クリアが難しく感じたので、燃焼や反撃といった技能を使うことも必要かなと思いました。
毒は微妙ですね。敵の移動速度や攻撃速度がそんなに早くないので、毒ダメージの発生は遅いです。
それでも☆6鬼神成恢を使用して30秒くらいでのクリアは可能ですが。
☆6鬼神白起の割合ダメージだと、だいたい25〜30秒ぐらいかかっちゃうかなぁという印象です。
最終的に倒し切るのが双星信&嬴政の必殺技になると思うので。
こう考えると、意外と攻略に適した武将はいないのかもしれませんね。

第2戦

敵部隊

2つ目は開眼呂不韋と支援大后ですね。

ここで対策を考えるとすれば、開眼呂不韋の開戦時攻撃封印、一般兵の登場時必殺技封印です。

早く倒すイベントなので、攻撃封印の間や必殺技が撃てない間のタイムロスがもったいないので。

あとは、支援大后の動きが重要かと。
挟み撃ちされる感じになるので、第1戦目のように限定助っ人の双星信&嬴政を放置するわけにも行きません。

色々悩んだのですが、頭が疲れてこんなパテになりましたw

王騎李牧

双星王騎&騰と☆7李牧というパテです。手持ちで全然良いパテが思いつかず・・・
地形が城というのも、悩みどころですね。
双星王騎&騰にはオーバーチャージ時必殺ゲージ↑の☆6槍摎、☆7支援は開戦時必殺ゲージ↑の☆6槍摎を添えてます。
摎の共演です(あ?)

このふたりとも早めに必殺技を撃ちたいのでこうなってます。なので、□章は必殺ゲージ↑(被ダメージ)を忘れずに装備してくださいませ。

初期配置

このパテは少し操作が多いですね。
まぁ、☆7李牧を使ったら大体こうなりますが。

初期配置時点では、☆7李牧のW支援を双星王騎&騰に集中させます。
オーバーチャージはほっといても20秒くらいないとたまらないので、少しでも早くというやつです。

双星信&嬴政は、支援大后と追いかけっこしてもらいます。
なんでしょう、放物線上に逃げてくれるので、敵が下から湧いても良い具合に逃げてくれるんですよね。

まずは、☆7李牧の必殺技で技能封印をかけます。
するとちょうど双星王騎&騰の突撃のタイミングで、呂不韋のHPをガツンと削れます。

呂不韋撃破後

こんな感じですね。
下から湧く一般武将が☆7李牧に群がってくれるので、双星信&嬴政の一段階目で十分巻き込めるんですが、下手すると大后の攻撃を信&嬴政が受けてしまうので、ちょっと待ちます。
大体、双星王騎&騰が攻撃をし始めるぐらいですかね。

で、一般武将3体→大后の順に撃破すると、だいたい17秒ぐらいでクリアです。

ポイント

ポイントとしてはこんな感じですね。80,000行けました。
まぁ、「双星と☆7使って80,000かよ!」とは思いますがw

公孫と万極

ちなみに、75,000ならこれでもいけます。かなり運要素が強いですが。
支援公孫龍に必殺封印がかかったら無理というね。
76,000出したものの、再現性が低すぎてボツにしましたw

地形と天候って大事だなとしみじみ思うクエストでしたねー。ここまで苦戦するとは思いませんでした。

第3戦

敵部隊

えーっとですね。
正直、このパテを見たときに少しあきらめましたねw
こりゃしんどいとw

超撃乱打「毒」でお世話になってるお三方でございます。

今回の救い・・・にはなってないですが、限定助っ人の双星信&嬴政が大将です。
鬼神成恢と鬼神万極に技能封印が掛かる可能性があるので、それ頼みです。

まぁそうも言ってられないので、こんなパテにしました。

パテ1

☆6鬼神白起の割合ダメージで倒してしまおうパテです。
色々試したらこれに落ち着きました。☆6鬼神白起の割合ダメージで倒し切るために、☆6信&漂と☆6支援楊端和を入れてます。
最初は必殺技の量を増やすために、☆6支援蔡沢を入れてたんですが。2凸では歯が立たちませんw

初期配置

自前の双星信&嬴政は鬼神大后に突っ込ませます。
なぜか1体だけHPが10万高いので、削っておかないといけないんですねー。
そして、早めにオーバーチャージを撃ちたいという理由もあります。
そうすれば、☆6鬼神白起の必殺技のタイミングが早まりますからね。

☆6鬼神白起を中央から突っ込ませてる理由は、双星のオーバーチャージの範囲に入れるためです。
・・・まぁ、あんまり意味なかったんですけどもw

開戦後は、☆6鬼神白起の必殺技のタイミングに合わせて双星信&嬴政と☆6支援楊端和の必殺を打ち分ける感じですね。
全員均等にHPが減るように調整します。

すると、☆6鬼神白起の2,3回目ぐらいの必殺で倒し切ることができます。

白起強いなーとやはり思います。

ポイント

ポイントはこんな感じです。うまく必殺技を打ち分けられれば、80,000近く。失敗すると76,000ぐらいというわかりやすいポイントになりますw
ちなみに、☆6白起を使うとこんなパテでも同じポイントが出せます。

パテ2
パテ3

☆6支援楊端和の被害無効の効果と必殺を増やすための、☆6開眼タジフ。
限定助っ人のオーバーチャージのタイミングを早めるための、☆6鬼神昌文君。

どう考えても、☆6鬼神白起の必殺ゲージが上がる調整をした方が良いんですが。
これ以上は思いつきませんでした。

これで、無事第3戦までオール75,000以上は超えたので満足です。
さて、次が最後の第4戦ですね。これをみてから、またやり直すかどうか考えようかなと思ってます。

第4戦

敵部隊

第4戦は趙軍ですね。

☆7李牧大将はなんとなく予想してましたが・・・龐煖が付いてくるとは思いませんでした。

☆7李牧大将のデバフがきついのと、鬼神カイネの複数戦闘時に攻撃対象へ攻撃封印付与がきついです。

地味にきつかったのは、一般武将の必殺技。状態異常解除と防御力倍加。
・・・最近の一般武将優秀過ぎません?
そこらへんの武将よりよっぽど強いですよ。

今回も双星信&嬴政が大将なので、騎馬兵への技能封印が掛かるかどうかですが。
ゴリ押ししてみましたw

クリアパテ

我ながらなんとも言えないパテですw
技能封印や攻撃力↓などダメージが通りにくい技能が並んでるので、☆6鬼神成恢の毒に期待してみることに。
おかげで☆6鬼神白起の必殺2回で終わります。なので、副官は☆6槍録嗚未に変更してます。
☆6支援楊端和は☆6鬼神白起の威力アップと、壁の☆6開眼バジオウへの被害無効付与が仕事です。
・・・あとひとつ大事な仕事があります。

初期配置
初期配置は右よりです
開戦後
開戦後、☆6鬼神白起と双星信&嬴政は自陣待機

初期配置は右よりにして敵の一般武将を狙います。鬼神カイネだと攻撃封印を食らってしまうので。
開戦後は傅抵がすぐ湧くので、その後に☆6開眼バジオウと☆6鬼神成恢のタゲを傅抵に向けて置きます。
双星信&嬴政と今回もメインアタッカーである☆6鬼神白起は自陣で温存します。

一応先に書いておくと、☆6開眼バジオウの必殺技が弓意外威力アップという強力なものとなっています。
これが、一般武将の必殺技の前に撃てると90,000台のダメージを与えてくれるので、楽なんですよねー。
で、傅抵の湧いたタイミングでタゲを変えておくことで、龐煖もこの必殺範囲に入れることができるんです。
体力高めの龐煖は一気に削っておきたいですからね。

バジオウに集める
バジオウに群がって来ます
とんでも楊端和
龐煖はとんでも☆6支援楊端和のところに

こんな感じになりますね。
あとは、☆6鬼神白起の必殺技を撃つわけですが。撃った後は、必殺技を打ち分けたりして、敵のHPが全員90,000以下になるようにしておきます。
もちろん無理に調整しなくても良いです。
理由は、2回目のタイミングで李牧の大将技能の効果が消え、割合ダメージで倒しきれるようになるからです。

その間に龐煖に必殺技を撃たれて、一番遠い武将のところに逃げられます。
そのときに双星信&嬴政のところに飛んでいかないように、一歩前に出しておきましょう。
そうすれば、飛んでも☆6支援楊端和のところに行く上に、被害無効でノーダメージです。

こんな感じで、73,000ポイントぐらいを安定して稼げます。
・・・と、大将の限定助っ人信&嬴政の技能封印と攻撃封印をほぼほぼ無視してますw
効率を考えたら、ちゃんと使うべきでしょうね。

ポイント

ということで、75,000近くを3回稼げたので取り敢えずOKです。
第2戦で80,000稼いでいたので、ここはそんなに気張らなくても良いかなと。

一応、この第4戦で使うと楽なのは☆7李牧かなと思います。
必殺ゲージ↑副官で確定技能封印を早めに撃ち、一般武将を早めに倒すことができればあとはそんなに問題はなくなるかと思います。
☆6鬼神万極と☆6開眼輪虎を使うパテもなかなかスリリングですよ!w70,000くらいは稼げます。
☆6鬼神オルドと☆6鬼神劇辛の燕パテも考えたんですが、実行する気にはなれず・・・
そんな感じでした。

90万の報酬は取りきりました!

色々なパテを数回試して遊んできましたが、なんとか総合報酬は取り切れました!
・・・初日はどうなることかと思っていたのですが・・・w

まぁ、やりこみの時間は足りてないですが報酬取り切れたので良しとします。

いろんな武将や副官を試すこともできたので、面白い反面、時間が足りずちょっと物足りない気もします。

とりあえず記事にしましたが、内容の変更があったり気が向いたらもう少しやり込もうかなとは思ってます。