スポンサーリンク

【ナナフラ】星3武将 竜川−飛信隊−|キングダムセブンフラッグス

ナナフラの☆3武将:竜川−飛信隊−の武将情報です。

飛信隊の怪力3人衆の一角で、馮忌の防陣の突入口をこじ開けた力持ちですね。

☆3武将:竜川−飛信隊−ステータス

馬陽の戦い以降も、重要なポジションで良く出てきますね。
乱戦場での拠点づくりなどの重要なポジションを任される印象です。

ナナフラでは☆3での登場ですが、ストーリー特別で防御面を担当してくれる武将です。

スポンサーリンク

☆3武将:竜川−飛信隊−のポイント

何度も書いているのでしつこいかもしれませんが。
ストーリー特別の低レアリティ縛りのクエストで重要なのは、拠点取りです。
そして、敵武将はそれに合わせてある程度弱体化されているとはいえ、若干強く設定されているようです。

なので、将章の装備はもちろん、兵種や武器種もクエストに合わせて選ばなくてはなりません。
大体選ぶ時の基準になるのが、武器種が槍か弓、兵種が楯兵かどうか、といった感じですね。

低レアリティになると、DPSが元々低いので、本領発揮や他の要素で攻撃力をあげようとしても、思ったような威力が出ません。大概。
なので、攻撃力を上げるよりも、必殺の量を増やすとか、その間の被ダメージを減らすとかを考えた方が攻略しやすくなることがほとんどです。

・・・と、☆3竜川でしたねw
もちろん、☆3竜川も以上の条件を満たしているので書いたのですが。
それに加えて、攻撃範囲も他槍武将に比べて広めの190あります。
スピードの求められる拠点取りに、攻撃範囲の広さは有利にすすめるための要素になります。

一番の特徴は、智属性が得意だということですね。
☆3竜川自身が武属性なので、智属性に対しては元々有利なんですが。
楯兵の硬さの上に、大将技能で防御力を上げ、個人技能で智属性に対する防御力を上げてくれます
なので、智属性に対してはカチカチなんですね。
そして、共闘技能では智属性に対する攻撃力を上げます。

なので、☆3の智属性キラーと言えます。
将章も銅○銅□銀◇と、攻守両方に対応できる感じですね。

ただし、基本的には大将としての使用は少ないであろうということです。
敵部隊に智属性が多くないと、大将として器用する意味も薄くなってしまいます。
他に、状態異常を付与できる大将技能や、対[拠点]など特定の対象の攻撃力を上げる方が有効というのも、大将としての器用が少なくなる理由とも言えますね。

攻撃範囲の広さと楯兵の硬さで拠点要員としての器用は考えられますが、他の田有などに比べると、装備できる将章の種類で少し劣ってしまいますね。

ただし、☆3の中ではトップクラスである230の防御力を持ち、しかも楯兵なので、純粋に☆3にしてはなかなかの硬さを☆3竜川は持っています
なので、敵部隊の属性も考慮した時に智属性武将が多ければ、有効な☆3武将です。

ステータス詳細

属性・武器種・兵種など

属性 武器種
兵種 楯兵 性別
所属国 所属 飛信隊

必殺技・技能

必殺技
田有の三倍力 効果 円形中範囲に攻撃
対象 大将中心
技能
大将技能 効果 防御力↑(小)
対象 自軍
条件 常時
個人技能 効果 対[智属性]防御力↑(小)
対象 自身
条件 自軍5人
共闘技能 効果 対[智属性]攻撃力↑(小)
対象 自身&共闘武将
条件 共闘

成長技能

Lv:10 攻撃力↑(極小)
Lv:20 攻撃力↑(極小)
進化1 攻撃範囲↑(極小)
進化2 移動封印耐性↑(極小)
進化3 攻撃封印耐性↑(極小)
進化4 攻撃力↑(小)
進化5 攻撃力↑(小)
Lv:55 攻撃範囲↑(小)

限界突破

凸1 必殺技+1
凸2 大将技能+1
凸3 個人技能+1
凸4 共闘技能+1
凸5 必殺技+1

状態異常耐性

0% 挑発 0%
燃焼 0% 混乱 0%
移動封印 5% 必殺技封印 30%
攻撃封印 5% 技能封印 0%