スポンサーリンク

【ナナフラ】新春選抜祭の12武将を独断と偏見でランキング化してみました。|キングダムセブンフラッグス

待望の!ですね。新春選抜ガシャの武将が発表されました!

新春選抜祭

来年からランキング戦の特攻仕様も変わるので、意外とここで選ぶ武将は大事なのかもしれません。
今回選ばれた12人の武将は、それぞれ特徴的な攻撃力↑の技能や状態異常技能の持ち主ですね。

個人的には、未所持の武将は☆6鬼神タジフだけなので狙いに行きます。

残り11体は手持ちで全員使ったことがあるので、今回は独断と偏見でランキング風にしてみようかなと思ってみたりしてます。

ただ、1〜4位までとします。2週限定なので、4体は手に入れるチャンスがあると思うので。
その他の武将は5位同列扱いです(一応w)。
ナナフラはクエストに応じて武将を使い分けるのが醍醐味だと思ってますし、取っておいた方が良い4体の紹介で十分かなと。

とはいえ、12体すべて紹介と解説はします。独断と偏見です。
読んでくださる方の参考になるようにできるだけ書きますねw

スポンサーリンク

手に入れておきたい武将4選

色々と用途などを考えて悩みました。
今までと違って、「確実に取っといた方が良いですよ!」と言えない状況ですからね。

4位:☆6支援呉慶

支援呉慶

領土戦の攻城戦で必須の武将である、☆6支援呉慶です。
特攻武将の武器種が剣の場合は、驚異のバフ率を誇ります。

詳しい数値については、解説した上記の記事を読んでください。
ありがたいことに、バフの内容に攻撃速度に関するものはないので、調整後のランキング戦でも変わらないバフをかけてくれるでしょう。
なので、☆6支援呉慶が必須級なのは変わらないと読んでいます。

ただ、出番としてはそれだけですね。
大将技能の燃焼も一定時間のみですし、移動速度↑は魅力的ですが、通常攻撃力に対するバフはないので使いにくいです。
敵の攻撃力を下げる必殺技はありますが、同じ必殺技でデバフを使うなら他のバフ・デバフ関係の個人技能を持つ武将の方が良いです。例えば、ちょっと用途が違いますが☆6鬼神春申君あたりですかね。

守城戦前の、毎月領土戦が開催されてたころなら「必ず!」と言えたかもしれませんが。
領土戦のしかも攻城戦での使用がメインになるので、領土戦を強化したい方には良いと思いますよ。
一応、超撃乱打で燃焼がテーマになった時の使いみちはあります。

3位:☆6支援呉鳳明

支援呉鳳明

ぽんぞうランキング(え?)の中では、お父さんより上に来ました。☆6支援呉鳳明です。
最近、領土戦の城壁兵戦で有利に戦える武将が揃って来ていますが、その中でも☆6支援呉鳳明は頭一つ抜けている印象です。
対[城壁兵]攻撃力↑の対象範囲の広さで、ここ最近の城壁兵戦ではほぼ最適パテに入って来てます。

大将技能は、周回向きですね。自軍魏武将への必殺ゲージ↑ですが、強力な必殺技を持つ☆6開眼介子坊との相性は抜群です。
周回で☆6開眼介子坊を中心にした即撃ちパテを組む場合は、大将でも間違いはありません。
ただ、支援武将なので周回のときによく使われる☆6支援公孫龍との併用は、少しやりにくいのですが。

他にも、最近は状態異常系の凝った高難易度クエストが増えてきているので、支援技能の状態異常付与無効化も強力なんですよねー。
攻撃対象に状態異常付与とか、全体に付与の場合に状態異常に掛かってほしくないメインアタッカーの武将を支援させて、攻略を楽にすることもできますし。

支援武将でありながら、城壁兵戦を中心に汎用性の高い使い方ができるので、3位にしました。

2位:☆6支援羌瘣

支援羌瘣

2位は☆6支援羌瘣です。2020年のナナフラを振り返ってみると、楯兵が強化された年でした。
自分が始めた頃は、楯兵の人権はほぼありませんでしたね。☆6開眼ヒョウ公と☆6鬼神春申君くらいだったかと。

その流れを変えたのが、この☆6支援羌瘣です。大将技能の楯兵に対する[対象依存]攻撃速度↑が衝撃的でした。
2021年以降、この技能がどのように評価されるかはわかりませんが、個人技能と支援技能も秀逸ですね。

個人技能は攻撃力と移動速度↑、支援技能は反撃付与。
必殺技でも、楯兵の攻撃力と攻撃速度を上げてくれます。


楯兵のバッファーとしてはかなり優秀で、最近では大将技能よりも個人技能と必殺技での使用頻度が上がってます。

領土戦・合従戦・守城戦、どのランキング戦でも楯兵が特攻武将にいる場合、パテに入る可能性は高いです。
やはりランキング戦での使用頻度が高いバッファーは手持ちに欲しいので、2位にランクインしました。

1位:☆6開眼羌象

開眼羌象

今回選抜された12武将の中で、最優先で取るべき武将は☆6開眼羌象だと思います。

まずは、ランキング戦での活躍ですね。
守城戦では大将候補になれますし、必殺技と個人技能で攻撃力と攻撃速度と移動速度を上げるバランスのとれた優秀な楯兵バッファーです。
領土戦・合従戦で非特攻でもバッファーとしての活躍は期待できます。

次に、周回クエストでも使用できることですね。
☆7桓騎の登場でその場を奪われてしまいましたが、2位の☆6支援羌瘣、副官の☆6剣カイネと組むことで、驚異の移動速度と攻撃の強さで高速周回を可能にしていました。

火力を持ちながら、楯兵としての防御力の高さも持ち合わせているので、高難易度クエストで使用する割合も高いです。
その場合は、副官の☆6剣姜族のバァと組ませることが多いですが。

ちょうど一年前に登場した武将が、未だに活躍してるのは嬉しいことです。

使うポイントの多さとバフの使用感で選びました

以上が、ぽんぞうが思う今回の選抜祭で取っておくべき武将です。

1位:☆6開眼羌象
2位:☆6支援羌瘣
3位:☆6支援呉鳳明
4位:☆6支援呉慶


支援武将だらけですねw
最近はランキング戦だけでなく、周回クエストや高難易度クエストも色が変わってきているので、汎用性の高い武将を持っているとかなりパテを組むのが楽になります。

なので、技能から考えた汎用性の高さが重要になってくるわけで、個人的にはこの4体が選択候補だと思っています。
少し前までは、4位の☆6支援呉慶のようななにかに特化した武将の方が評価されていましたが、汎用的に使える方が良いのではないかと思います。


ということで、12対中4体の選択とその中でのランキングはできました!
自分の使用感を中心とした独断と偏見によるランキングですw

ここからは、他の8体の武将の入手を考えてる方もいると思いますので、それぞれ解説していきます。
もちろん、使用感を中心に独断と偏見ですwあくまで参考までにどうぞ!w

残り8体は尖っている武将達なんですよ

汎用性の高さと、尖っていながらも必須級のバフを持っている武将で選んだトップ4武将ですが。
この上位4体に入らなかった武将達は、結構尖っていて使いみちの限られる武将なんですね。

ただ、一つ一つの技能は優秀なので、急にランキング戦の最適パテに入っていたり、イベントで必須の武将になってたりします。

では、1人ずつ書いていきます。
あ、ここの順番は思いついた順なので気にしないでくださいw

☆6鬼神成恢:難易度を破壊する「毒」使い

☆6鬼神成恢

登場以来、ナナフラの毒の概念を塗り替えた武将です。
毒による攻略をメジャーにし、イベント戦の超撃乱打や高耐久・高HPの敵が登場する高難易度クエストで重宝する武将ですね。
毒は攻撃時にダメージを付与する状態異常ですが、敵の攻撃速度を上げ毒ダメージを加速させるので、毒使いの名にふさわしい能力です。

意外と攻撃速度は早いんですが、毒関係の技能しかないためランキング戦や周回での出番はないでしょう。
なので、持ってないと困るものがありながら、普段の使用頻度は低くなりがちです。

実際、登場した時のランキング戦では使われることなく、ランキング戦の最中でありながら、ストーリー難の廉頗軍との戦いが余裕になることで話題になっていた印象があります。

ナナフラを全体的に楽しむためには、持っていると良い武将ですね。

☆6開眼白起:井闌車戦の大将を務める武将

開眼白起

大将技能と必殺技の燃焼付与で、井闌車戦で大将に選ばれることの多い☆6開眼白起です。
楯兵の弱点である移動速度を補いつつ、攻撃力を上げてくれる大将技能は井闌車戦に向いているんですね。

ただ、今後の可能性としては、籠城戦での活躍です。
大将技能を切り替えると、自軍智武将の防御力を倍化してくれます。
2020年最後の守城戦の時に、☆6開眼昌文君が勇属性防御力倍化技能をもって登場した時に、かなり攻撃速度を上げることができてました。なので、井闌車戦だけでなく籠城戦でも活躍の場があるのではないかと思っています。

周回クエストでも、移動速度↑大将として使われることがありますね。

☆6開眼摎:女性パテの着火剤

開眼摎

☆6鬼神カイネ、☆6開眼大合、☆7羌瘣、☆6鬼神羌瘣、☆6鬼神羌象、☆6開眼黒桜など強力な女性武将は多くいます。その女性武将が爆発的に強くなる着火剤となれるのが、この☆6開眼摎です。

その理由が、女性対象の必殺技ゲージ上昇速度↑の技能を大将技能と個人技能の両方で持っていること。
必殺技のダメージ量は、基本的には通常攻撃よりも大きいので、必殺技の量を撃てるということは、それだけ攻略が楽になることでもあります。
しかも、☆6開眼大合を筆頭に女性武将の必殺技は威力が高めなんです。
必殺技の量を撃ちたいパテを組む時に、まず考えるのがこの☆6開眼摎ですね。

あとは地味に強力なのが、敵武属性武将への攻撃力↑の技能です。
☆6鬼神昭王と似たような感じなので、さすが親子だなぁと思いながら使っています。

ただ、この☆6開眼摎自体はかなり防御力が低いので、突っ込ませると簡単にやられてしまいます。
状況を見て突っ込ませるかどうかを決めることが必要ですね。

☆6鬼神タジフ:今後の活躍に期待できる攻城大将

鬼神タジフ

もともと山の民が特攻時の攻城戦大将として使われていた☆6鬼神タジフですが、アニメ第3期の話が進むにつれてもう一度活躍しそうです。

どちらかというと、☆6鬼神タジフ自身の強化に寄っている技能が中心ですが、それでも攻撃力倍化は十分強力。
領土戦開催時に特攻になることがあれば、かならず大将に入ってくるでしょうね。
2020年中も双星バジオウ&楊端和登場時の領土戦で、攻城戦の大将に選ばれていました。

自分は☆6鬼神タジフを持っていないので、期待を込めてしまっているのですが、イメージ的には攻城戦での☆6鬼神臨武君のような感じかなと思っています。

この新春選抜祭と同時に覚醒楊端和の登場も決まっているので、☆6鬼神タジフの出番もあるかもしれません。

☆6鬼神桓騎:☆7に負けない周回要員

鬼神桓騎

2020年に登場した☆7桓騎一色というのが今の周回クエストの状況ですが。
その前までは、この☆6桓騎も周回要員として活躍していました。

銀の○章を2つつけられて、武器種が弓で、騎馬兵で、得意地形が森ですからね。
☆6鬼神王齕と組ませて周回していることが多かったですね。
・・・まぁ、ここ最近の周回クエストの様変わりで使用頻度は下がりましたが。

それでも、条件にさえ合えばまだ周回クエストで使用することはできます。

また、必殺技での燃焼付与と桓騎軍攻撃力↑も強力です。個人技能の敵撃破での攻撃力&必殺技ゲージ↑も強力です。
弓武将ながら、結構攻撃的な武将なんですねー。

☆6鬼神大合:毒と燃焼の秦・趙キラー

鬼神大合

毒や燃焼での攻略を考えた場合、パテに入れておきたいのがこの☆6鬼神大合です。
2020年中に自分も手にいれたのですが、使ってみたいも含めてよく使ってた記憶があります。

毒や燃焼といった状態異常ダメージは固定されてしまうことが多いのですが、この☆6鬼神大合は個人技能と共闘技能で毒と燃焼ダメージを上げてくれます。
そして、大将技能で一定時間の燃焼付与、必殺技で毒付与と状態異常のが充実しています。

ただし、対象が所属国秦または趙の武将なので、敵部隊の所属をよく見る必要はあります。
が、だいたい秦なので活躍の場は多いかもしれません。

デメリットは剣武将だということですね。
毒や燃焼を付与しているのに、敵陣に飛び込まなければならないですからね。

☆6開眼壁:貴重な全体バフ持ち

開眼壁

意外といないのが、何の縛りもなく自軍の攻撃力を上げる個人技能を持った武将です。

この☆6開眼壁はそれをもっている数少ない武将なので、周回クエストで使われているところはたまに見かけます。

基本的には自軍の攻撃力と防御力を上げ、敵の攻撃力を下げるという技能なので使いやすいといえば使いやすいですかね。
ただバフ率も目立つものでもないので、個人的には使わないことが多いですが。

反撃も20秒持続という効果の長さは良いですが、威力がやはり低いですね。
持っていなければ領土戦のために持っておいても良いと思いますが、絶対に取る必要がなければ見送りでも良いです。

☆6支援超荘:挑発で生きる技能が尖りすぎ

支援超荘

今回の12武将の中で、尖りに尖っていてしかも使いみちが限られるのがこの☆6支援超荘ですかね。
個人的には好きですw

特徴的なのが挑発状態の敵武将への攻撃力↑技能ですね。
ただこれを活かすには、挑発をループさせないと無意味なのが使いにくい理由ですね。
自分は行かせたのは一度しかありません。

ただ、副官でHP回復効果を強化する☆6槍河了貂&蒙毅が登場したことで別の使いみちも考えられます。
耐久趙パテですね。大将技能のHP継続回復によるHPの維持と個人技能の被害軽減を使い、☆6鬼神李白などの守備的な趙将を使うことで、最近敵軍で見かける被害軽減を多用したパテと同じようなものをつくれるかもしれません。
その中の一つの火力候補として、挑発を使う感じです。
☆6介億を対象に据えた場合のパテと同じ考え方で、趙将を組み込んで行く感じでしょうか。

とはいえ、正直この12武将の中では一番優先度は低いですかねぇ。
☆7武将登場時の餌候補だと思います。

以上、全12武将でした!

こうやって見てみると、2020年中にどこかで活躍した武将が選ばれている印象ですね。
その中心となっているイベントが、超撃乱打なんですけれども。
定期イベント化するんですかね?ある意味、運営からの挑戦状よりは、運営サイドとしてのコスパは良さそうですし。

個人的には運営からの挑戦状はなくなってほしくないです。

話がそれました。一応、ぽんぞう独断の上位4武将以外の8武将を用途で分けてみると、こんな感じです。

・ランキング戦を強化したい
☆6開眼白起、☆6鬼神タジフ

・周回を強化したい
☆6鬼神桓騎、☆6開眼壁

・イベントクエスト、高難易度クエストを強化したい
☆6開眼摎、☆6鬼神成恢、☆6鬼神大合

・手持ち武将を充実させたい
☆6支援趙荘

こんな感じで、今の自分の手持ち武将と強化したイベントに合わせて、武将を選べばナナフラをもっと楽しめると思いますよ。

独断と偏見(と薄い情報)でお送りしましたが、悩まれてる皆さんの参考になればと思います。