スポンサーリンク

【ナナフラ】領土戦「大暑の戦い」4日目!500万が縮まらない|キングダムセブンフラッグス

2021年7月29日

3回目の荒地となった領土戦「大暑の戦い」4日目です。
やはりボーダーがぐっと上がってきました。

昨日から徐々に順位をあげて、500位くらいは上げられた感じですね。
とはいえ、まだ放置組の方が周りにチラホラいるので一気においてかれそうな気配ですw

とりあえず今日は赤城と金城から叩いて、昨日までに溜まって城壁兵戦を消化してたんですが。

ボロ城ラッシュになりましたw
これ結局城壁兵戦の消化に追われるやつですねw
今回は1回ずつ丁寧に叩かないと、ポイントが伸びなくなるのでちょっと心配ですねー。

通常領土のススメ方を考えないとパンクしそうですw

とまぁそんな感じで。城の消化も残ってるので、今日のプレイ日記をさらっと書いて行きます。

スポンサーリンク

攻城戦がだいぶ固まったかな

昨日までで攻城戦の進め方はだいぶ固まったので、最高叩き回数も更新できました。

攻城戦

パテは特にいじってません。
多分、今からいじると迷走するのでとりあえずこのパテのままやっていこうかと。
180なので、あと20叩きたいところですが。
敵選びが地味に面倒な上に外すので、効率が悪いですねw

もうちょっと適当に行きたいものです。

☆6開眼慶舎の変わりもいるような気はしてるんですけどねー。
0.7でも特攻倍率が欲しいんですよねー。

城壁兵戦は迷走中

不思議なことに、どんなパテを組んでも35万〜40万ポイントなんですよね。
多分、DPSが低いので敵のHPが50万を超えた辺りで大失速するからなのですが。

城壁パテ

とても中途半端な状態です。
最高DPSが☆6開眼呉鳳明の11万とかですからね。

前日に用意していた☆6開眼介子坊と☆7李牧は、あまり伸びなかったのでやめました。
特攻の布陣を考えると、☆6鬼神オルドのバフがバランス良いかなと。

決めきれてないのが、☆6開眼呉鳳明と☆6覚醒騰のどちらをメインにするかです。

☆6開眼呉鳳明は、対[武将]攻撃力↑と防御貫通、必殺ゲージ上昇速度↑に必殺技での攻撃速度↑バフは良いですが。メインに吸えると巻き込めない。
☆6覚醒騰は、必殺ワザで3〜4巻きを狙えますが、バフが機能しなくなる。司令官が張唐なので、必殺ワザもバフではなくただ単に倒すだけなんですよね。

一般武将の属性もどれかに偏っているわけではなく、久しぶりにバラバラなので属性でも決めがたい。
あえて言うなら☆6鬼神オルドも武属性なので、☆6覚醒騰の方が智属性一般武将を倒しやすいというのはありますね。
その代わり勇属性で固まった場合はきつくなりますが。

なので、とりあえず必殺技の量を増やそうと☆6鬼神春申君を使用してますが。
それなら☆7春申君の方が良いかもしれないですね。
☆6鬼神春申君だと溜まるのに少し時間がかかるので、イマイチでした。

結局は特攻倍率をすこしでも高めた方がポイントは伸びやすいので、自分の場合は☆7楽毅をフレンド枠で使用する方が伸びやすいです。

ただ、支援反撃の効果が微妙なので特攻倍率要員となってしまってます。
一応敵の必殺技は封じてますが。

パテの鍵は☆6開眼呉鳳明

あくまで自分の場合はですけども。
手持ちの特攻の中で、可能性はあるのが☆6開眼呉鳳明かなと思います。
敵が合従軍だらけだったら☆6覚醒騰だったんですけどねー。

なので、技能の変更や将章の変更をこまめにやってます。

呉鳳明将章
将章は○章を切り替える
呉鳳明技能
技能は個人技能の切り替えをこまめに

攻城戦の場合は、○章を攻撃+対[城]に。個人技能は、対象が所属国「魏」の方にしてます。
☆6支援呉慶と☆6開眼姜燕のバフが切れるタイミングがあるので、それを少しでも短くするためですね。
☆6開眼成恢と☆6開眼慶舎は毒ダメージがあるので、□章を必殺技ゲージ上昇(被ダメージ)にすれば、必殺技ゲージはかなり溜まりやすいです。

城壁兵戦の場合は、○章を攻撃+対[武将]にしてます。属性+対[武将]にする必要はないかなと思ってますが。
今の所大将で使っているので、大将技能と個人技能は両方とも制限無しの自軍の方に変えます。
必殺技の量を増やすのが今回は良いかなと思うので。

これで必殺技にダメージがあれば、文句なしだったんですけどねー。

明日からも城の消化に追われるでしょう。

ということで、4日目はなんとか順位を上げることは出来てます。
このあとは消化に追われてパテ組どころではなくなると思うので、城壁パテはなんとか固めたいですね。

しかし、五千人将ボーダーが遠い!
残り500万前後になってからどうも伸びなくなってきました。

順位は少しづつ上がってても、ボーダーには近づけない不思議です。

とりあえず、明日もしっかり遊びたいと思います。

お疲れさまでした。