スポンサーリンク

【ナナフラ】守城戦「小寒の戦い」初日と二日目!手応えはありません|キングダムセブンフラッグス

開催中の守城戦「小寒の戦い」ですが。みなさんいかがですか?
一応、二日目時点で目標の五千人将に入れてます。

二日目時点

まぁ、これは落ちますね。初日時点での五千人将ボーダーが200万なのでね。
ボーダーは420万くらいになるのではないかと思ってます。
☆6鬼神黒桜、☆6剣バジオウ、☆6槍河了貂&蒙毅の特攻3枚抜けではねぇ・・・
守城戦は戦えないかなぁと、少し諦めも入ってしまってます。

いやいやいや、がんばりますよ!試合はまだ終わってませんからね!

一応、二日目までで色々思ったことでも書いておこうかと思います。
今回は井闌車戦のことがメインになるかなと。画像は無いんですがねw

スポンサーリンク

籠城戦はやはりよくわからない

「こうすれば良いだろうなぁ」というのがありながら、今までで一度もハマったことがないんですよねw
一応、現状の最高貢献度は1つ目の城です。

籠城戦パテ

副官の特攻が不足している分は防御力↑副官の☆6槍亜門&江彰と、必殺ゲージ上昇速度↑の☆6剣白亀西にしてます。
攻撃速度の減少具合からみて、☆6覚醒楊端和の必殺技のループの方が良さそうなので、今は☆5剣オギコと☆6剣白亀西の位置は変えてます。

しかし、特攻倍率が10倍行かないのはきついですねー。
いつも通りといえばいつもどおりなんですが、武将が足りなければ☆6鬼神王翦とか考えるんですけども。
副官が不足すると、とりあえず入れるしか無いですからね。
一応☆6鬼神王翦も試しましたが、攻撃速度は-10でした。だいぶ攻撃回数は減りましたね。

そうそう、2個目の城の一斉掃射の攻撃範囲はビビりました。広すぎw
思わず1人で「広っ」って叫んでましたw

まぁ、籠城戦は次「夜」が来た時にもう一度やって見たいと思います。
今の所の最高貢献度ポイントを越せる気が全然しませんw

天候も大事だなぁ。
ただ、個人的に今回くらいの攻撃速度が初なんで、無駄な攻撃が多いんですよね。180くらいなんですけど。
ここまで変わるかぐらい回数が増えてるんで、困ってますw
まずはこの感覚をどうにかして修正しないとですね。

井闌車戦は移動速度↑のループが必要そう

初日にやった時は全然でしたが。二日目に何回かやった感じ、特攻抜けている自分はどうにかして全部壊さなければお話にならないわけでw
今回は移動速度↑武将の☆6覚醒楊端和をうまく活かすしか無いかなぁと。

井闌車パテ

特攻倍率8.9で井闌車に挑むのも厳しいものがありますw
最後まで走りきって、ようやく100万ポイント超えですからね。
しかも、途中で判断ミスると最後までいけなくなるという・・・
一番つらいのが、副官の☆6剣バジオウがいないため、いちいち強敵を倒さなきゃいけないところですね。
反撃があればもうちょっと楽なんだろうなぁと思います。

見出しにも書いてるんですが、ポイントは移動速度↑を掛け続けることですね。
☆6開眼羌象を入れているんですが、今回はほぼ必殺で敵を倒せません。特に1個目は。
なので、移動速度↑をキープし続けるために、井闌車に向けてさっさと撃ってしまいます。
☆6覚醒楊端和2人が強敵役になりますが、強敵出た時に必殺ゲージが溜まっていなければ覚醒してしまうのが良さそうですね。
それで、☆6覚醒楊端和2体と☆6開眼羌象の移動速度↑の効果を維持することが出来ます。
逆に維持出来なければ、最後まで行くことすらできませんでした。

あとは、波と波の間の井闌車1台湧きになったタイミングでの操作ですね。
これで判断をミスると、最後の制限時間が足りなくなります。
自分の場合手動で強敵を倒すしか無いので、波の最後の方に強敵が残っている場合があります。
その時に井闌車をまとめて攻撃するか、強敵を倒す武将を作るかで残り時間の余裕が変わります。
そこに先程書いた移動速度のバフを維持できているかどうかも関係してくるんです。

うーん。移動速度が早い分、遠い位置で井闌車を壊しやすいので1台あたりのポイントはそれなりなんですが。
制限時間との兼ね合いがうまく行かないんですね。

今の所まだもやっとした状態が続いてます。

以上、途中経過でした

籠城戦も井闌車戦も、まだどうにかなりそうな気がしてるんですが。
でもどうにもならないんですよねー。
昨日と天候が違うし、籠城戦はいくら頑張っても今日はしょうがないかなと思っていますが。

今回はまだ自分なりの「やってやった感」が一度も出ないので、スッキリしないんですよ。

とりあえず、次☆6覚醒楊端和と☆5楊端和(幼少期)の最適天候が来たら、もうちょいやり込もうと思ってます。

あとは次の領土戦も見据えて、副官の☆6剣バジオウが欲しいです。

とりあえず途中経過はこんなです。
明日以降、どうなることやら。