スポンサーリンク

【キン乱】キングダム乱を始めてみました|キングダム乱

プレイ日記

ナナフラでは大戦略戦の真っ只中ですがー。

キングダム乱を始めました。今の所8日目とかですかね?

キン乱バナー

前回守城戦の息抜きに始めてから、のらりくらりと遊んでおります。

スタートダッシュキャンペーンというのがあって、ある程度やっておかないともったいなさそうな感じだったので。

やっとオート戦闘できるようになったので、ナナフラのランク上げの代わりに動かしている状況。

やっぱりキングダムのゲームは面白いなぁ。

スポンサーリンク

ナナフラと比べたんですけどね

ナナフラ4年生なので、4年前でしょうか。

キングダムのゲームがナナフラかキン乱かで比べたんですよ。

その時は育成要素が強いキン乱よりも、ナナフラの方がちょうど良いかなと始めました。

決めては街の育成が無い事w

他のゲームで経験があるんですが、強化に時間がかかりすぎて待ち時間に飽きるんですよねー。

とか思ってたはずなのに。今回始めるときには。

「・・・街育てるゲームやりたいな」

とか思ってましたw

とはいえ、シムシティとか街づくりはしたくないですし、キングダムですし。

ということでキン乱で自分の街を持つことにしたわけです。

街の育成度

今はこんな感じで育ってます。

やっと各施設のレベルが10を越えました。すでに1施設のレベルアップにほぼ1日掛かるとか・・・

少し萎えかけましたが、時短アイテムもあるので。ちょこちょこ使って大きくなっていく様はほのぼのします。

武将が歩き回っているのにもほっこりきますねw

今はこれぐらいがちょうど良い感じですかねー。

キン乱を遊んでいて良いなと思ったところ

武将の派生が無い

育てるだけじゃなくて戦うゲームなので、武将を育てたり集めたりしないと何も始まりません。

今はこんな感じでちょこちょこ揃えてるところです。

ボックス1
その1
ボックス2
その2

数日だけ遊んでいる割には、思ったより増えたなぁとしみじみ。

で、キン乱は武将はこの1体をゴリゴリ育てていきます。

ナナフラのような鬼神、開眼、覚醒というのはなく、レアリティによる派生も無いようです。

正直、賑やかしというか、見栄え的なというか。ちょっとパッとしないなぁと思っていましたが。

最初にいた信がR→SR→URと育つにつれ、愛着が湧いてくるようになりましたw

手をかけた分の思い入れというやつですかね。

なので好きな武将がとりあえず手に入れば、ずっと育てることができると。

これは良いなと思いました。

戦えなくても活躍できる

とはいえ。R武将よりもUR武将の方が強く、バトルにつれていくのは予想通りという感じですが。

合間に武将たちのスキルを見てビックリ。

パッシブスキル

バトルに出陣しなくても、その武将を持っているだけで発動するスキルがあると。

パッシブスキルってやつですかね?これは嬉しかったですねー。

コレクター魂に火をつけるだけでも、結果的には武将の強化につながるとか素敵です。

これだけでも育てる気力が湧いてきてしまいます。

が。

結局はこういうスキルを早めに育てておかないと行けないんだろうなと思います。

内政スキル

内政スキルと書いてありますね。

クエストの周回に関わるものとか、施設の強化に関わるものとか。

遊べない時間がもったいないとかなりそうですしねぇ。

でも、各武将に合った役割と考えると育てたくもなりますw

キングダム好きですから。

バトルの原作再現度に感動

キン乱をガッツリやってる方には怒られそうですが、バトル自体は面倒・・・と思ってしまいます。

線を引いて味方を誘導する・・・オート放置じゃないとちょっと周回し続けるのはきついです・・・。

が、それでも操作したくなる要素が、キングダム原作の戦場の再現度がすごいことですかね。

まだ19章までしか進めてないですが、馬陽での馮忌戦はテンションが上がりました!

馮忌戦

原作で飛信隊が湧きを駆け抜けていって、馮忌本陣に特攻する・・・というのを再現できてしまうのは、ナナフラではなかったですし。

しかも、攻めると馮忌の両脇の敵部隊が包囲にしに来るところまで再現されてました。

「すげー!」

とおじさんが一人でテンション上げていたのは内緒ですw

他にも、蛇管平原での丘登りとか、呉慶本陣に突っ込んでくる麃公軍とか。

ここまで再現できるのは、このバトルシステムだからだなぁと。

今の所のお気に入りは、攻城戦のマップですねー。

実際に井闌車などの攻城兵器を使ったり、はしご登ったり。

ワクワクしながら眺めてますw

面白いです。

引いたところ

良いところもあれば悪いところもあるもので。

あまりこういうゲームに慣れていないので引っかかるところは色々とありますが。

そこら辺はおいといて、引いたことだけ。

やばい周回ゲーであること

一番驚いたのは必要な周回量ですね。

武将を獲得するのも、育てるのも。かなりの量を周回しないといけないようです。

しかも、育てないと強くなってくれないので、ガシャで手に入れるだけでは微妙と。

課金するにも限界があるとも思えるほど、育成要素も多いですね。

レベル上げるのに肉集めの周回。

スキルを上げるのに武運集めの周回。

装備レベルを上げるのに石?集めの周回。

追想という装備のようなもののレベル上げなどなどなど。

周回だらけです。

気長に武将の育成を楽しむ分には良いですがー。

すぐに結果が欲しいという方には厳しいゲームだなぁと。

結局何からすれば良いのかわからない

周回するのは良いとして、何が何やら良くわからないというのが、最初のチュートリアルを終えたときの印象です。

チュートリアルも少なくて、何がなんだかわからないまま色々解放されてましたw

とりあえず遊んでみるものの・・・一騎撃ちのやり方が全然わからなかったですねw

まぁ街を大きくしたいというので始めたので、そこら辺は薄くても構わないは構わないんですが。

もうちょっとチュートリアルを増やしたり、ガイドみたいなのがあっても良いんじゃないかなと思いました。

公式サイトでもそこら辺はフォローしてるみたいはみたいですけども。

とまぁ。引いたと言ってもこんなもんです。

あまり楽しむ上での障害ではないので、8日ほど続けられている感じでございます。

少しづつのんびり遊んで行きます

ということで、キン乱を始めてみたぽんぞうでございます。

4年前に触ってみたときよりも、だいぶ楽しめてる気はしますがー。

多分、ナナフラで周回力が鍛えられてからかなと思います。

時間を掛けて周回することにあまり違和感がなくなっている・・・のは良いのかはわかりませんがw

だいぶ楽しむことは出来てます。

今こんな感じ

と言いつつ。なんか気後れしてしまう、マルチと同盟はまだノータッチ。

同盟はまだしも、マルチはもったいないなぁとは思うんですけどねー。

遊んでて思うのが、育成要素が多いのと比例して情報量がすごく多いゲームだなとも思いました。

なので、自分の理解のためにも。

今後はちょこちょこキン乱の記事を追加していこうかなと思ってます。

さぁ。どこまで頑張れるのかw

楽しんで行きますー。