スポンサーリンク

【ナナフラ】角石収集イベント「武神級」放置パテできましたが・・・☆6支援春申君なければ無理はやめましょう。|キングダムセブンフラッグス

昨日から、なんとか今回の角石収集イベントの武神級を放置できないかとパテを考えてました。

バナー


えー、一応組めたのですが、結論から言うと特定の武将がいないと多分安定はできないですね。

結論が気になる方は、gyohbuさんのツイートを見てくださいませ。

ここから先は、試行錯誤したおじさんの2日間の記録ですw

スポンサーリンク

今回使うのは「挑発」です

初日からずっと、放置するなら挑発しか無いだろうなと思ってました。
が、とりあえず昨日時点で部隊覚醒でふっとばす方を完成させられたので、もういいかなと思ってたんですが。

でも思いついてるのに形にできないのは悔しいので、なんとかならないかと試行錯誤を続けてました。

安定させるのに欠かせないのは、確定で挑発を付与する方法です。
その技能の持ち主は、自分の把握してる限りでは、☆6支援春申君のみです。

支援春申君技能

領土戦で対戦した時に何度苦しめられたことか・・・w
大将技能の挑発が確定な上に長い時間苦しめられるんですよねー。

そう、今回の江亜&金良の角石収集イベントの武神級を放置でクリアするには、この☆6支援春申君が必須です。
ただ単に挑発を確定で付与だけるだけではなく、支援武将ならではの攻撃範囲の広さから、挑発しつつ宝物庫から敵の昌平君を引き離せるんです。

ただ、自分は手持ちで持っていないんですよ・・・
最初チャレンジしていた時は、☆6鬼神王翦とか、☆6鬼神介子坊あたりの、大将技能での挑発付与でやってたんですが。どうにも挑発のかかりが悪くてですね。
敵の鬼神昌平君は手持ちにいるので、眺めてました。昨日に引き続き観察ですw

敵昌平君を観察

おぉい!挑発耐性が素で40%あるじゃないですかっ!
この数値だけ見れば、6割は挑発出来るので悪くなさそうに見えますが、プレイヤーに有利な確率が中々発動してくれないのがナナフラです。(自分だけ?w)
5回に2回は挑発付与されないが延々と続くんですねー。5回に3回は挑発付与出来るはずなんですけどねー。
確率は不思議です。

この確率を上げるためには、挑発耐性を下げるのが手っ取り早いんですが、手持ちで挑発耐性↓はいませんでした。実際いるんですかね?挑発耐性↓の武将や副官。

なので、☆6開眼楊端和の大将技能か、☆6支援摩論の大将技能で全状態異常耐性↓で下げるしかありませんでした。
あとは、副官の☆5槍ケイビン王ですね。大将限定ですが、今回はそれもちょうど良い。

ここまで考えた結果、あと一つ足りないのが、昌平君を宝物庫から引き離す方法です。

そこで、考えたのが攻撃範囲↓の技能の持ち主なんですが・・・

青特編成祭りの始まり

ソートして出てきたのが、☆5趙括でしたw

☆5趙括

いやぁ・・・まさかの青特☆5趙括さんです。久しぶりです。
必殺技で、攻撃範囲↓を敵軍にかけられます。
試しに使ってみた感じはこちらです。

必殺前の昌平君の位置
必殺前の昌平君の位置
必殺後の昌平君の位置
必殺後の昌平君の位置

ちょうど、自軍の配置で使うマスの半分くらい攻撃範囲を狭めることができてますね。
宝物庫との距離も十分です。これぐらい離れてくれていれば、宝物庫を攻撃している武将が昌平君に引っ張られることは無いですね。

・・・と、ここで気づきました。
「☆7李牧、☆7媧燐が出た直後で、趙括手持ちにのこっている人っているんだろうか??」
青特なんて餌筆頭ですからねw
しかもランキング戦報酬なので、手に入ることもよっぽどのことがないと無いでしょうし。

再現性が低いパテになりそうだなぁ・・・と思っていたら、ここから青特ラッシュでした。
とりあえず先に、最初の数操作だけ必要な挑発パテで最初成功したので、ご紹介しておきます。

3タップ必要なパテ

まさかの武将副官合わせて10体中4体が青特武将と副官にw
手持ちで開戦時に挑発を付与できる個人技能の持ち主がいなかったので、副官でも探してみたんですが。
ヒットしたのが、つい最近の青特バミュウ。そして、蒙恬のじぃ。
これしかいませんでしたwいやー、目を疑いましたねw

挑発のかかりが悪いので、とりあえず全員編成使用ということで入れた感じです。

武将:☆6開眼楊端和、☆6開眼シュンメン、☆6開眼鱗坊、☆6支援公孫龍、青特趙括
副官:青特剣蒙恬のじぃ、青特トッヂ、青特バミュウ、☆5槍ケイビン王、☆6槍謄


☆6開眼楊端和と副官の☆5ケイビン王は状態異常耐性↓要員です。
青特の趙括の必殺技を早めに打ちたいので、☆6槍謄を(1凸というやる気の無さですがw)。
1つ目の宝物庫を壊す直後くらいに撃てないと、宝物庫破壊約の☆6開眼シュンメンのタゲが敵の昌平君となってしまうんです。
☆6開眼シュンメンの副官枠は、自由枠ですね。
このパテの場合、攻撃的な副官をつけると宝物庫の破壊速度の方が勝ってしまうので、とりあえず移動封印耐性を上げる副官で選んだ感じです。まぁ、副官添える必要もないといえば無いです。


このパテでの結果がこのツイートの内容です。

実はこれで満足してたんですが、よくよく考えてみると開戦後に☆6開眼楊端和、☆6開眼鱗坊、青特趙括を自陣に戻す操作が必要なんですね。
放置と言うには程遠いわけです。操作数で言えば、覚醒1発の昨日のパテに負けてます。

ということで、このパテの変更を考えていきます。

挑発の距離と必殺後やられても良い青特

操作しなければならない理由を考えると、攻撃範囲の関係で敵の昌平君が前に出てくる前にこちらが動いてしまうからなんですね。
あともう一つ、趙括は必殺技を一回撃ったあとなら、やられてても良いです。
攻撃範囲縮小後、もとに戻ったとしても距離を取って攻撃してくるなんて動きは敵はしませんし。
さらに、挑発が効いていれば青特趙括にタゲが向くこともないですからね。

となると、挑発役武将は、攻撃範囲が弓並に広い槍武将なら良いわけです。(あ、自分の手持ちでの挑発方法でかかりがよさそうなのが、青特バミュウしかいないからです!)
さらに、☆6開眼楊端和の枠を☆6支援摩論に変更して、攻撃範囲の広い槍武将に支援させれば、操作の必要もなくなります。

とか色々と考えて、組んだパテがこちらです。

完全放置パテ

武将:☆6支援摩論、☆6鬼神胡椒、☆6開眼シュンメン、☆6支援公孫龍、青特趙括
副官:☆5槍ケイビン王、青特バミュウ、☆6剣王齕、☆6援龐煖、☆6槍謄


☆6開眼楊端和の攻撃速度↑バフが無くなる代わりに、☆6開眼シュンメンの副官を☆6剣王齕に、☆6支援公孫龍の副官を☆6援龐煖に変更しました。
・・・よくよく考えてみると、☆6支援公孫龍の○将外して宝物庫の破壊速度を調整していたので、ちゃんと装備させて、こちらに☆5槍ケイビン王でも良かったかもしれません。

☆6鬼神胡椒は、HP75%以上で攻撃範囲が広がる個人技能の持ち主です。その広がり方が弓武将に匹敵する範囲なんですね。
青特バミュウを使うと考えると、ちょうど良い広さでございます。

今まで考えてきたことを反映した初期配置がこんな感じです。

初期配置
初期配置
クリアパテ
クリアタイム。思ったより早いw

初期配置では、☆6鬼神胡椒をできるだけ敵昌平君から遠いところに配置します。
で、予定通り☆6支援摩論に支援させます。

あとは、挑発が敵昌平君にかかれば、見てればおわります。
ツイートに載せた動画だと必殺技を撃ってますが、使用しなくても時間内のクリアは可能です。
せっかく組んでいる青砥区の趙括を殺すことにはなるんですがw
・・・まぁ、お守りみたいなもんなんでw

なんとか、自分の目標は達成できました。無事、手持ちで放置出来るパテは組めました!
・・・が、おすすめはしません!

おすすめしない理由その①:全然挑発がかからない
予想以上に挑発がかかりません。正直、一騎打ち発生率より低い確率というのが体感です。
効率が悪すぎるので、「かかったらラッキー!」という楽しみ方をしたい方以外にはおすすめしません。
挑発を使うなら、安定する☆6支援春申君の確定挑発を使った方が絶対に良いです。

おすすめしない理由その②:青特使ってるので・・・
再現性が低いのが一番ですね。手持ちに青特が残ってなければ、組めないパテになってます。
他にも挑発技能の武将や副官はいると思いますが、昌平君40%の耐性が元々ついているので、状態異常耐性を下げる技能を使わざるを得ないので、意外と武将と副官の枠が足りなかったりするんですよね。

そんな感じです。なので、☆6支援春申君を持っていない限りは、無理に放置に挑まない方が良いと思います。
宝物庫1個報酬の1,500個だけを取って全滅し、周回に戻る方が時間効率は良いです。

オススメ武神周回

新しい発見もあったし、満足はしています

こんな感じで、なんとか手持ちで放置可能なパテは組めたのですが。
宝物庫を取り切れる割合が少なすぎて、実際に周回で使うには効率が悪すぎるんですね。

まぁ、パテを見つけられたことで満足はしています。

それ以上の収穫が、☆6開眼シュンメンと☆6支援公孫龍のコンビですね。

今回やってて気づいたのですが、地形が城なら、宝物庫の破壊役はこの2人だけで十分っぽいです。
実際、☆6開眼シュンメンにかかっているバフは個人技能と☆6支援公孫龍のものだけですし、副官と将章でうまい具合に調整できます。
なので、他の3枠で宝物庫を取り切る邪魔になる要素の対策を撃てば良いと考えると、かなりパテを組む幅が広がります。

真剣にパテを考えると、他のクエストをやる時に役立つ武将の知識を覚えられますね。
とりあえず、今日は考え疲れたので、残りは一騎打ちで過ごそうと思います。