スポンサーリンク

【ナナフラ】李斯の貴石収集イベント「武神級」を攻略。今回は混乱+回避+被害無効|キングダムセブンフラッグス

2020年12月2日

2020年11月30日14:00から、☆5李斯を獲得できる貴石収集イベントが始まりました
貴石収集は直ドロップよりも効率は悪いはずなのに、やる気になってしまうから不思議です。

前回の守城戦が四千人将という結果だったので、手持ち青特が☆5での幕開けなんですよ。
なので、今回の貴石収集イベントも、次の角石収集イベントも頑張らなければなりません。

いやー、守城戦が始まってから四千人将を取ることが出てきてしまってるのですが。
それでもフレンドでいてくれる皆さんに感謝ですねー。

ありがたく☆6貝満を使わせていただきます。

さて、角石収集イベントの武神級といえば、状態異常+回避のようなテーマで開催されてきていますが。
今回は混乱+回避+被害無効という、武神級でも屈指の難易度(面倒)です。

構えすぎるほどの難易度ではありませんが、ゴリ押しだと倍返しを食らってしまいます。
とりあえず、いつもどおり放置パテはなんとかできたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

まずは超級から。

いつもどおり超級から行きます。
今回の武神級の発生率を上げてくれる要素は、騎馬兵です。

が、ここがナナフラのいやらしいところ。地形が城です。
騎馬兵武将の移動速度が下がってしまうので、騎馬兵を組み込む場合、得意地形が城の武将に限定されてしまいます。
パッと思いつくのは、王騎軍か鬼神廉頗あたりですかね。

なので、こんなパテでやってます。

超級パテ

色々考えた結果、こうなりました。
☆7李牧とか使えばもっと早くなるかなーとか思いながら、いつも☆6武将までで組んでるので、なんだか☆7武将を周回に使うのに抵抗が・・・w
というのは冗談で、☆7武将は大体育成が間に合ってないので、☆6武将を使う方が良かったりするんです。

初期配置はこんなんでやってます。

超級初期配置

タゲがいろんな方向にいっててわかりにくいですね。

☆6鬼神録嗚未&☆6支援公孫龍→李斯
☆6鬼神干央→宝物庫
自前☆5貝満とフレンド様☆6貝満(ありがとうございます)→蒙武


こんな感じです。このタゲ以外だと、13秒以上かかります。
敵を倒すメインが☆6鬼神録嗚未なんですが、端の蒙武か昌平君を最初に倒すと、移動が発生してロスがでるんですよね。
なので、中央の李斯を最初に倒して☆6鬼神録嗚未を中央に配置することで、録嗚未の攻撃が敵全員に届くようにできます。

☆6鬼神干央は、弓で城得意なんで、宝物庫要員です。

☆5貝満を前にしている理由は唯一つ。移動封印されるためですw
フレンドからお借りする☆6貝満が蒙武にいち早く突っ込む方が、効率敵にダメージを与えられます。

そんな感じです。
今回は、自前の青特が☆5なのでそこまで速度にこだわってません。
なので、必殺を打たずに追われればそれで良いかなという感じです。
クリア時間は必殺を打ってしまうギリギリの11〜12秒です。

超級クリアタイム

まぁ、今回はこんなもんかなと。思ってます。
ツイッターを見てると、必殺なしだと8〜9秒くらいのパテが最速かなぁ?という感じです。
気になる方は探してみてください。・・・自分は☆7桓騎持ってないんで!w

武神級を放置で攻略する。

色々書く前に、敵部隊と敵技能を見ていきましょう。

武神敵部隊
武神敵技能

展開された呂不韋と李斯のくだりをそのまま反映したような敵部隊ですね。
多分、上級の最後に李斯がやられたのが、プレイヤーである私達なんでしょうねw
・・・とか余計な想像をしておきます。

ただ見るだけだと、そんなに難しくなさそうですが。ここも地形が城です。
そして、全員智属性なので、勇属性が組みにくいですね。

そして、何よりもきついのは、李斯の副官の技能にある、攻撃対象への混乱付与(大)です。
貴石収集クエストの武神級は、何かの状態異常になるんですが。
混乱はこちらが即全滅する可能性もあるので、対策が絶対ですね。

なので、混乱耐性100%の武将か解除技能を持っている武将を選びましょう。

もう一つ注意すべきなのが、李斯の必殺技ですね。
効果時間は5秒と短いですが、回避と被害無効が敵軍全体に掛かってしまいます。
そうすると、時間切れリスクが出てくるのでこれも対策しておいた方が良いです。

今までの貴石収集クエストの中でも、難易度が高いというか・・・面倒ですね正直w
高難易度は倒しきれば終わりますが、貴石収集クエストの武神級は敵武将が各3回湧きます。
なので、3度混乱と必殺技を打たれるリスクが出てきます。

細かいところが中々決まりませんでしたが、とりあえず放置パテ完成したので、ご紹介します。

放置クリアパテ例

武将:☆6開眼李牧、☆6鬼神オルド、☆6鬼神春申君、☆6支援呉鳳明、☆6開眼公孫龍
副官:☆6剣ランカイ、☆6剣白亀西、☆6弓黄離弦、☆6剣蒙恬、☆6槍摎


アタッカーは最初の段階で、☆6開眼李牧を使うことは決められました。
得意地形が城で、有利属性の武属性で、混乱耐性100%なので。
大将技能も【対象依存】攻撃速度↑だったりしますし。
が、☆6開眼李牧自身の攻撃速度はそんなに高くないので、副官は☆6剣ランカイにして攻撃力を上げてます。

バフの☆6鬼神春申君と☆6開眼公孫龍は、貴石収集の定番バッファーとなってしまいました。
もう少し変化をつけないとなぁとは思うのですが。

ここまでは速く決まったのですが、残り2体が中々定まらず・・・w

まずは☆6支援呉鳳明ですかね。
支援技能の支援対象の状態異常無効化を使います。これで、強力でありながら混乱耐性が低い武将でも使えるようにします。
そして、李斯の必殺技対策で、☆6支援呉鳳明の必殺技で必殺ゲージを減少させます。
ぐっと下がるわけではありませんが、李斯に必殺を打たれる前に倒せます。
・・・もちろん放置なので、うまくタゲが合わない場合もありますが。
それでも、☆6開眼李牧でも☆6鬼神オルドでも、効果が切れればすぐ倒せるので問題ありません。

最後に、☆6鬼神オルドですね。
武属性で優秀なバッファーだからというのが理由です。
実際に使ってみると、必殺技の効果範囲が結構有効だったりします。
まぁ、敵の一般武将で必殺技被害軽減の持ち主がいるので、あまりダメージが通らないこともあるんですけどねw

初期配置はこちらです。

初期配置

☆6開眼李牧を前列中央にして、李斯のタゲを受け止めて、混乱を防ぎます。

最初は☆6支援呉鳳明に☆6開眼李牧を支援させてましたが、意味ないことに途中で気づいた上に、混乱した☆6鬼神オルドに3体ぐらいやられたタイミングがあったので、☆6鬼神オルドを支援させることにしました。
安定します。

まぁ、☆6開眼李牧が剣武将なので移動時間が多く時間はかかりますね。
趙軍なら☆7龐煖の方が良いと思います。
このパテなら、☆7龐煖、☆6支援呉鳳明、☆6開眼李牧、☆6鬼神春申君、☆6開眼公孫龍という並びですかね。

とりあえず、自分が使ってるパテで速くはないですが、時間内にはクリア可能です。

武神級クリアタイム

今回は武神級スルーもありだと思います。

「武神級を回るのと回らないのでどちらが効率的に素材を集められるか?」の検証をしたこともありますが。

行動力回復アイテムに余裕があれば、今回は無理に武神級を回る必要は無いと思います。
この記事を書いている時点で、もう二日目なんですが、パテ組に悩むよりは超級をゴリゴリ回った方が良いのではないかと思います。

それぐらい地味にパテを組むのが難しく、早いパテを組む難易度も高めだと思います。

個人的には、頑張って周回しなきゃいけないんですけどね。

双星昌平君&蒙武と☆6鬼神来輝が出てくれたので。
☆5限界突破素材が1,050個最低必要ですからね。

・・・ですが。

今は一騎打ちが少し楽しくてw
まぁ、半々で回ってる感じです。領土戦までに、双星と☆6鬼神来輝の5凸がんばります。
・・・本音は☆6副官の丁子の方が欲しいですw