スポンサーリンク

【ナナフラ】ストーリー特別第27章「始動・新生飛信隊」その2攻略|キングダムセブンフラッグス

ストーリー特別第27章「始動・新生飛信隊」その2の攻略です。
今回も属性と武器種剣縛りのクエストとなります。

スポンサーリンク

パテを決めた流れ(ストーリー特別第27章その2)

敵部隊を確認

敵部隊

地形:森・天候:夜です。信が千人将となったあとの行軍中の出来事のイメージですかね。

大将:一般武将 属性:智 武器種:剣 兵種:騎馬兵
大将技能 効果 防御貫通+1
条件 常時
対象 自軍
共闘技能技能 効果 攻撃速度↑(中)+1
条件 共闘時
対象 自身&共闘中の武将
個人技能 効果 対[歩兵]攻撃力倍化
条件 常時
対象 自身
副官技能 なし なし
一般武将 属性:智 武器種:剣 兵種:歩兵
個人技能 効果 対[楯兵]攻撃力倍化
条件 常時
対象 自身
副官技能   なし
一般武将 属性:智 武器種:剣 兵種:歩兵
個人技能 効果 対[楯兵]攻撃力倍化
条件 常時
対象 自身
副官技能   なし
一般武将 属性:智 武器種:弓 兵種:歩兵
個人技能 効果 対[楯兵]攻撃力倍化
条件 常時
対象 自身
副官技能   なし
一般武将 属性:智 武器種:弓 兵種:歩兵
個人技能 効果 対[楯兵]攻撃力倍化
条件 常時
対象 自身
副官技能   なし

属性が違うだけで、基本的な技能関係はその1から変わってはいません
騎馬兵への攻撃力倍化は無いですが、地形が森なので得意地形かなにかに秀でた技能じゃない限り、騎馬兵は微妙ですね。

達成目標を確認

勝利条件 敵の全滅
達成目標1 武器が『剣』の武将5人でバトル
達成目標2 ☆5以下の副官のみでバトル
達成目標3 『智』属性の武将5人でバトル

こちらの達成目標と勝利条件もその1とほぼ変わらずです。
違うのは、属性縛りが智属性であると言うこと。
・・・これはあの武将を使いたくなりますね・・・w

クリアパテ例

クリアパテ

武将:☆6鬼神羌瘣、☆6鬼神シュンメン、☆6鬼神蒙恬、☆6鬼神蒙恬のじぃ、☆6鬼神趙荘
副官:☆5剣ランカイ、☆5剣竭氏、☆5剣向ちゃん、☆5剣李白、☆5剣陽ちゃん

そう、☆6鬼神羌瘣です。この条件であれば使いたい!!・・・育てておけば良かった・・・w
敵を1体でも2体でも倒してくれれば、十分でしょう!

このパテのメインは、☆6鬼神シュンメンと☆6鬼神蒙恬です。
攻撃力倍化の対象とならない騎馬兵というのもありますが。☆6鬼神シュンメンの個人技能での攻撃速度倍化による火力、☆6鬼神蒙恬の対智属性回避の壁。この2つが鍵ですね。

・・・後の2体は間に合わせです・・・w
☆6鬼神趙荘がすぐやられるんでなんでかなぁと思ってたんですが、敵の攻撃力倍化の対象ですねw

自分の手持ちではこれ以上が組めず・・・あ、双星信&嬴政もいました。
とりあえずゴリ押しですがこれでもクリアは出来ます。

今回も左右の両方から攻めます

初期配置

初期配置はこんな感じです。その1と同じく左右から攻めていきます。
☆6鬼神羌瘣に中央にいれ敵大将のタゲが向くようにしておきます。騎馬の突撃を回避で消化する感じです。
まぁ、完全に泥仕合化しますがw

開戦後
☆6鬼神羌瘣で騎馬兵の突撃を対処します。
思ったよりやられる
初見よりやられましたw

開戦後は☆6鬼神羌瘣の技能が生きるので、かなり楽に進められます。2体倒すところまでは安心して見てられるぐらいです。
が、左側の奥の弓兵に到達するくらいで☆6鬼神羌瘣の技能が時間切れ。そして、☆6鬼神趙荘もやられます。
これで、完全に泥仕合となりますが、☆6鬼神シュンメンを3体で突っ込ませておくとHP50%以上を保った状態で後半まで生存させておけます。これである程度の火力を保った状態で、最後までいけます。

残り1体

・・・まぁ、ひやひやしますけどねw

あくまで高難易度クエストなので、ここで気を抜くと一気にやられてしまう可能性もあります。

とはいえ、敵の武器種が弓なので、一撃が重くてもHPをしっかり残せている☆6鬼神シュンメンと回避の☆6鬼神蒙恬で攻撃するので、なんとかなります。

☆6鬼神シュンメンに☆5剣竭氏をつけておけば、回数の被害無効がつくので、最後まで戦える感じですね。

☆6鬼神蒙恬に☆6剣ランカイをつけておく方が、火力を保ててもっと楽だったかもしれません。

とりあえず、これで押し切ればクリアです。

楽かと思ったらまさかの泥仕合に

初見のときもこの記事を書く時も、楽にいけるだろうなと思ってたら返り討ちに会いましたw
クリアはできるんですけど、内容的にはいまいちですね。

こういう場合は、手持ちの武将の問題でもあるので、深く考えずに無理なら無理と諦めるのも大事です。
手持ちが揃いさえすれば、クリアできるようになるので。

気長に待ちましょう