スポンサーリンク

【ナナフラ】合従戦「秋分の戦い」初日!最適じゃないけどフルブする|キングダムセブンフラッグス

始まりました!合従戦「秋分の戦い」初日です。

昨日書いた記事で、一日一フルブ目標!と書いたのでやってきました。

初日夜

まぁ今日は最適では無いと思われるので。

アタッカーは多分双星バジオウ&楊端和で決まりっぽいので、城・昼が最適日となるのではないでしょうか。

そう、明日ですw

明日でランキングはガラリと変わるでしょうね。

多分、今の大将軍の方のポイントの240億辺りが八千人将ボーダーで、170億辺りが五千ボーダーかなぁと思ってます。

甘いかな・・・w五千は200億超えてきそうですねw

というこれからの伸びがすごそうな手応えです。

スポンサーリンク

いつもの目標の基礎点1億はクリア

合従戦が苦手な自分の中で毎回目標にしているのが、基礎点1億というポイントです。

基礎点は合従戦をやってる間に常に表示されているポイントのことですが。

どうも1億を超えないんですよねー。いつも。

新使用になってから1億は取りやすくなった気はしますが、それでも高い壁です。

それが、今回は最適じゃない初日で取れてしまいました。

初フルブ結果

後半はグダグダだったので、練習すればもうちょっと伸ばせるんじゃないかと。

特攻倍率10倍にしてはがんばれたと思ってますw

紫電を考えると副官を変えられる

昨日の時点では副官をゲージ上昇速度↑にしたりしてましたが。

特攻倍率の低い状態の自分の手持ちでは、☆5でも赤特を入れたいなと。

クリアパテ

よくよく考えたら、紫電一閃にはいればゲージが溜まります。鬼神化武将の所持数により100%では無いですが。

なので、紫電一閃に早く入れることを考えて徹することができれば、ゲージ上昇速度副官はいらないかな?という判断です。

ただまぁー、移動速度の高い武将がいるパテではないので、初回紫電にはいるまでの時間をどれだけ短縮できるかは大事となりますね。

1:08目標ですかねー、とりあえず。

双星バジオウ&楊端和の必殺の扱いが大事

フルブを溜めるためにオート消化してた時に思いましたが、双星バジオウ&楊端和の必殺はオーバーチャージの必要ないよね?ということです。

必殺技のバフの内容は、必殺威力↑なだけです。そして、1段階目でも円形の必殺技は十分広い。

と思っていたら、1段階目でも十分巻き込めますね。

敵が上がわに湧いてくると4巻になってしまう場合もありますが、そうなったらオーバーチャージを待てば5巻にできます。

1段階目で撃ちたい時に撃ちやすいのは大きいですねー。

特攻副官がいなくて火力が足りてないパテではあるので、必殺が大事なのは削りもです。

1段階目でガンガン撃てるので削りでも使います。

最初のうちは巻き込みで使う感じですが、強敵のHPが200万を超えた辺りから、均等に敵のHPを減らしていくという、懐かしい合従戦の流れでやると必殺のムダが出ないですね。

強さ70の時点で、強敵が2〜3体は巻き込む前までに2〜3回は必殺を撃てます。

つまり、約40万分を残しておくと削りの効率が上がります。

具体的にはHP60万くらいになるように敵全員を調整しておいて、必殺が溜まったら1段階目で撃ってしまい、20万程度で止まる様にする。

あとは199,999以下になるように調整して、最後は巻き込む。という感じです。

強さ70辺りだと、これができれば一回の紫電での討伐数は5体は変わるかなと思います。

もちろん、明日の最適日になるとDPSが上がりもっと調整は難しくなりますが。

☆6支援羌瘣の支援も紫電繋ぎ以外ではいらないです。

なので、敵のHPの削りで使用しますが範囲攻撃となるので攻撃対象は注意ですね。

明日からが本番!

双星バジオウ&楊端和がアタッカーとなると、ちょっと忙しい合従戦となりそうです。

なんだかんだ1時間はかかりました。

必殺量が増える分しょうがないのですが。

自分の様に特攻不足で火力不足を感じる場合、効率的にHPの削りと調整をやる方法を考えればポイントは伸ばしやすくなると思います。

今回はそれが双星バジオウ&楊端和の1段階目の必殺かと思います。

ただでさえ剣武将の連撃でHP調整は難しいので。

しかし、今日フルブを1回やってなんとなくの感覚をつかめたので、明日どうなるか楽しみです。