スポンサーリンク

【ナナフラ】守城戦「小暑の戦い」6日目!楽毅難民|キングダムセブンフラッグス

気がつけば守城戦「小暑の戦い」も最終日ですね。皆さんはいかがでしょうか?
なんだかいろいろと重なり、あまりやり込めて無いので不完全燃焼中ですが。

届きそうで届かない、五千人将ボーダーから12万低い位置にいます。
五千人将ボーダーは500万くらいを予想してたんですが、思ったよりボーダーが伸びなかったので、少し欲が出る位置です。
とはいえ、すでにランキングの周りは最適パテだらけなんですよねw

できる限りやってみようとは思いますが。
うーん。☆7楽毅が引けないのは辛いなぁ。

スポンサーリンク

3城と4城がポイント伸びやすい

籠城戦も井闌車戦も3城と4城のポイントが伸びやすいですね。

籠城戦は一般武将の武器種が剣なので、反撃の相性も良いし必殺も溜まりやすいし。
攻撃速度が落ちる☆7楽毅の支援反撃は使わない方がポイントが伸びます。
最適パテですと、☆7楽毅2体と☆6鬼神王翦の必殺技バフで防御力200%↑が3回。羨ましい。

ポイントの上限が上がり、一般武将でも1,500もらえるので終盤の湧きの引きがかなり重要ですね。
2体いるうちの弱い方の強敵のポイントが一般武将以下らしいので、そこらへんの対処が難しいです。
強い方の強敵はさっさと倒してしまうのは変わりないですが。

井闌車戦は台数が多いので、3城と4城がポイントを出しやすいですね。
完走狙うだけだと基礎点で10万もらえないのが辛いところで。
まだ井闌車のコツがつかめてないので、厳しいですね。
前回の井闌車戦での☆7春申君の素晴らしさが身にしみます。

両方ともいまいちポイントが伸び切らないのが、☆7楽毅ですね。やはり。
持ってるかどうかでだいぶキツさが変わってきます。

そんな☆7楽毅難民四千人将のパテでも紹介しておきます。

籠城戦の必須は☆6覚醒信だと思う

今回みたいに特攻武将の所属国に秦が多いと、輝くのが☆6覚醒信ですね。

籠城パテ

先程も書きましたが、最適パテだと常時以外での高い防御力バフを4つ使えます。
☆7楽毅の必殺技を2回分、☆6鬼神王翦の必殺技、☆6覚醒騰の覚醒技能。
☆7楽毅難民であるだけで、200%が一個なくなるのでどうするかと思ったんですけど。

色々と試して見た結果、☆6覚醒信ということになりました。
特攻倍率のことを考えると、☆7楽毅がいないと10倍を切ってしまいます。
そうすると敵の湧きが悪かった時に詰んでしまうので、フレンド枠は☆7楽毅にしておきたいんです。
で、攻撃速度が伸び悩む分、反撃を使おうという感じですね。

盲点だったのが、☆6覚醒信の覚醒での防御力↑の効果が☆6覚醒騰より上だったこと。
攻撃速度が最大で130くらいだったかな?それが、146まで伸びました。
10伸びると少しだけ世界が変わります。
ここまで攻撃速度が伸びると、☆7楽毅の支援反撃を使う方がポイントが伸びなくなるようですね。

このパテはそれなりに気に入っているんですが。
まだ良いテーブル引けて無いっぽくて、最後がバラバラ。
納得行くポイント更新が終了に間に合うことはないでしょうw

井闌車戦は移動速度↓をどうするか

☆7楽毅なら割合ダメージと自身の攻撃で、移動速度↓を持つ弓武将を処理するのかなと思いつつ。
こんなパテになりました。

井闌パテ

☆7李牧の技能封印でとりあえず延命する感じです。
技能封印の間に一般武将を処理する方法を考えます。

基本的には☆7李牧に倒してもらいます。
が、非覚醒時には井闌車に押し戻された☆6鬼神張唐の必殺技で一気に倒します。

☆7李牧の移動速度↑や必殺ゲージ上昇速度↑も良い感じですけども。
忙しいですねw
必殺ゲージの溜まり具合見て支援を切り替えたり、井闌車の種類によっては支援をやめたり。
一般武将が槍のみだったら、ひとまずほっといて井闌車を優先したり。

で、覚醒を撃ち忘れてタイムロスw

特攻倍率を維持しつつだと、手持ちだとこれが限界かなぁと思ってます。
移動速度↑大将がいるともうちょっと楽なんでしょうけど。

特攻が揃ってないとこんなもんだ

と割り切って遊んでる方だとは思いますが。
今回はやりきれてない分、ちょっと不完全燃焼気味です。ストレスw

☆7特攻時は、早めに☆7を引けないとこうなってしまいますよね。
手持ちであーだこーだ考えても、特攻武将や副官が揃えられないと、思ったよりもポイントを稼げないのが守城戦です。

逆を言えば、特攻武将さえ揃えてポイントを押さえれば五千人将以上は取りやすいランキング戦と言えます。

自分の好きなタイミングでできるランキング戦なので、個人的には好きなんですけどね。
もうちょっとやり込む時間が無いときついなぁ。
もうちょっと頑張ってみます。

ランキング戦のスケジュール調整大事です。
ということで、お疲れさまでした!