スポンサーリンク

【ナナフラ】ストーリー特別第31章「楽華繚乱」その1 攻略|キングダムセブンフラッグス

2020年7月に追加された、ストーリー特別第31章「楽華繚乱」のその1を攻略していきます。

バナー

久しぶりの☆5以下縛りのクエストが、この第31章では続きます。
今回攻略するその1はその中でも比較的難しい方ですね。
今までの拠点の取り合いとは少し違った拠点の取り合いが必要です。

☆5以下限定クエストも、このブログでは基本的にはガシャで入手できる武将や副官を中心に攻略していきます。
周回クエスト限定の武将を使うこともありますが、パテ組でなんで入れたかを書くようにするので、手持ち武将で同じ条件になる武将を組み込んでみてください。

スポンサーリンク

パテを決めた流れ(ストーリー特別第31章その1)

敵部隊を確認

敵部隊

地形:草原・天候:昼です。敵は智属性と武属性の一般武将で編成されています。

大将:一般武将 属性:武 武器種:槍 兵種:騎馬兵
大将技能 効果 防御貫通+1
条件 常時
対象 自軍
共闘技能技能 効果 攻撃速度↑(中)+1
条件 共闘時
対象 自武将&共闘武将
個人技能 効果 対[歩兵]攻撃力倍化
条件 常時
対象 自身
副官技能 なし なし
一般武将 属性:智 武器種:剣 兵種:騎馬兵
個人技能 効果 対[歩兵]攻撃力倍化
条件 常時
対象 自身
副官技能   なし
一般武将 属性:武 武器種:槍 兵種:騎馬兵
個人技能 効果 対[歩兵]攻撃力倍化
条件 常時
対象 自身
副官技能   なし
一般武将 属性:智 武器種:剣 兵種:騎馬兵
個人技能 効果 対[歩兵]攻撃力倍化
条件 常時
対象 自身
副官技能   なし

全員が個人技能で対[歩兵]攻撃力倍化を持っています。
しかも、大将技能で防御貫通。
歩兵武将はあまり使いたくないところですが・・・

達成目標を確認

勝利条件 敵の全滅
達成目標1 ☆5以下の武将のみでバトル
達成目標2 兵種が「歩兵」の武将5人でバトル
達成目標3 拠点占拠回数3回以上

歩兵を使わざるを得ない達成目標となっています。

・☆5以下の武将のみでバトル
・兵種が「歩兵」の武将5人でバトル

☆5以下の歩兵武将5人で編成しなければなりません。
そうすると、☆5万極を使いたいところですが。敵軍の所属国は魏なので威力が弱まってしまいます。
なので、それ以外で考えた方が良さそうですね。

・拠点占拠回数3回以上
この達成目標から、このクエストは拠点の取り合いがあることがわかりますね。
とはいえ、今回は取り合いというほど取り合えませんが。
時間制限がある上に☆5武将は火力が低めになってしまうので、この拠点の取り合いは有効に利用したいところです。

クリアパテ例

久しぶりの拠点の取り合いで、パテを組むのに苦戦してしまいました。

武将:☆3松左、☆5尾平、☆5信、☆5黒桜、☆5昌文君
副官:☆6槍呉慶、☆6槍昌平君、☆1竭氏、☆6槍王翦、☆6弓玄峰

今回の拠点の取り合いは、最初に拠点を取れるかどうかが重要な気がします。
敵部隊が奥にある拠点効果で移動速度↑の効果を得ています。しかも騎馬兵。
なので、どうやってアドバンテージを取るかと考えた時に、☆3松左の移動封印を使って見ることにしました。
そしたらかなりギャンブル性の高いパテになってしまいましたがw
これについては後ほど。

で、今回はその拠点を早く取るのに槍武将が良いみたいです。
弓だと攻撃速度が遅く、剣だと歩兵なぶん移動速度差を受けてしまいます。
なので、☆3松左と☆5尾平は拠点要員ですね。
将章も対[拠点]攻撃力↑でまとめておきます。

あとの3体は攻撃要員ですね。敵の属性が智属性と武属性なので、武属性の☆5黒桜と☆5昌文君にしておきます。
☆5黒桜は☆5の中でも高火力なので、今回は大活躍してくれます。
☆5信は武属性用の砲台です。
拠点の取り合いにうまく行っても敵を倒し切るのも難しいので、拠点の取り合いには参加しませんが、必殺技で敵のHPを削ります。
なので、副官は拠点奪取で必殺ゲージ↑の☆1竭氏を使用します。ストーリー特別での使用頻度は高いです。

最初の移動封印によってはやり直しの場合も

初期配置
初期配置
松左の威力
松左の威力(良すぎる場合)

初期配置は、槍の☆3松左と☆5尾平を先頭に拠点寄りに配置します。
攻撃力を拠点効果で上げられるので、敵への攻撃は2つの拠点を取ってから行います。

☆3松左の移動封印によって、最低でも2体以上は足止めできます。調子が良いと4体にかかる優秀さ。
クリアできるパターンとしては、智属性の一般武将2体が移動封印になればできますね。
それ以外だとちょっと厳しくなるので、最悪やり直しですね。
なのでギャンブル性が高いパテですw

智属性武将2体(特に向かって右側)に移動封印がかかると、拠点を1箇所開戦時点で確保する事ができます。
そのまま次はもう片方を占拠し、その後は必殺技を撃ちつつ、拠点を間に挟んで攻撃を受けないように戦います。

信の必殺のタイミング
信は必殺が溜まったら自陣から撃つ
配置
拠点の取り合いの配置

最初に2箇所拠点を取ると☆5信の必殺が溜まるので、それを敵武属性の大将に向けて撃ちます。
移動封印がかかっていなければ、武属性の2体は巻き込んでダメージを与えることができます。
この瞬間だけ少しだけ移動封印が邪魔に・・・w

槍武将と弓武将で編成しておくと、占拠後は拠点を挟んで敵と戦えます。
こちらの対[拠点]攻撃力を上げておけば早めに拠点を取り返すことができるので、剣武将の敵を拠点付近に貼り付けることができます。
そうすればこちらがダメージも少なくできます。

必殺技を撃つタイミングは、拠点を両方占拠している時のみにしましょう。
最大威力でダメージを与えないと、制限時間内の撃破が難しくなります。

残り2体

智属性の一般武将を倒したら、残りの武属性武将は槍なので、こちらから突っ込みましょう。

突っ込んでも、拠点の方が近いのでダメージをほぼ受けません。

もし拠点を取られたら、すぐにタゲを変えて取り返します。

・・・というのを繰り返して倒すと、なんとか時間内にクリアすることができます。

大体2回は取り返されてしまうので、3回以上占拠の達成目標も完了できます。

クリアタイム

制限時間を9秒残してクリアできました。ギリギリw

限定武将を使えば楽だとは思います。

ということで。歩兵の槍武将でちょうど良い☆5武将が見つからなかったので、☆5尾平を組み込んでますが。
ほぼダメージは受けないので、○章を2個装備できる槍武将なら☆4以下でも良いかもしれません。
他の限定武将を使うなら、☆5蛾経ですかね。☆5武将には珍しい回避技能持ちなので、クリアは楽になるかと思います。

こんな感じで、今回のストーリー特別第31章は、今までの周回イベントの報酬でもらえた☆5武将が活躍しやすいような気がします。

手持ちの☆5武将で色々と試してみると、新たな発見があると思います。